天の川銀河には約1億から10億のブラックホールが存在するとされています。そのほとんどは互いの周りを回る星(連星)を持たないブラックホール、野良ブラックホールだと考えられています。しかしその存在が観測されたことはなく、正体は依然として多くの謎に包まれていました。そんな中、新たな研究結果が慶應義塾大学大学院理工研究学科と同理工学物理学科の研究チームにより発表されました。
 

未知の物質Bulletの発見

研究チームは爆発した星の残骸を観測していたところ、変わった動きをする超高速のガスの集まり「Bullet(弾丸)」の姿を捉えました。秒速120kmで天の川銀河と反対方向へ動くこの不気味な弾丸は、一体どのようにして生まれたのでしょうか?

導かれたブラックホールとの関係

観測を重ねた結果、Bulletの持つ莫大な質量、エネルギーなどの物理状態が明らかになりました。しかし、これらの異常な値は私たちの知っている天体では説明がつきません。そこで研究チームは、野良ブラックホールを用いたBullet誕生のシナリオを提唱しました。チームによるとBulletは、非常に小さく重い単独の野良ブラックホールと、星の爆発による衝撃波との接触によって生まれたものと考えられています。こうしてBulletの発見によって未知の天体、野良ブラックホールの存在が示されました。

賀来さん 新メンバー記事 図
今回その存在が提唱された「野良ブラックホール」の想像図 Image Credit: 慶應義塾大学

今後へ向けて

現時点では観測されたBulletが野良ブラックホールと衝撃波のどのような接触によって生まれたのかは解明されていません。しかしこのBulletの発見は、今まで一度もその存在が確認されなかった野良ブラックホールの謎に迫る一歩となりました。その観測方法が確立される日も、そう遠くはないでしょう。