第2回サターンV

こんばんは!今回は前回に引き続きアポロ計画のお話です。今日はアポロ宇宙船の打ち上げに使われたロケット「サターンⅤ」についてご紹介します。

サターンⅤって大きい?小さい?

サターンⅤはアポロ宇宙船を月軌道に乗せるために開発されたロケットです。アポロ計画が始まったのは1961年。今から50年以上も前ということは、やはりロケットの大きさは小さいのでは…?それでは他のロケットと比較してみましょう!

スペースシャトル
大きさ・・・全長56m (オービター全長37m)
重量・・・2,000t
最大積載量・・・200~600kmまで23t
*オービター:宇宙飛行士と荷物を運ぶ、飛行機のような形をした宇宙船
まずは知っている人も多いスペースシャトル。NASAが1981~2011年に打ち上げた、地球と宇宙を往復する再利用可能な輸送機です。スペースシャトルはやはり大きいですよね!機体を太くすることで空気抵抗を増やし、着陸しやすくしていたそうです。
IMG_4213
スペースシャトル ©NASA

H‐ⅡA
大きさ・・・全長53m
重量・・・289t
最大積載量・・・地球周回軌道までは10t、静止軌道までは4.0t
日本初の純国産ロケットH-Ⅱをより高性能にした人工衛星打ち上げロケットです。2001年から運用が開始されました。H-ⅡAは細いのであまり大きく見えないですが、全長はスペースシャトルとあまり変わらないですね。15階建てのビルくらいの高さがあります。

サターンⅤ
大きさ・・・全長110m
重量・・・2870t
最大積載量・・・地球周回軌道までは104t、月周回軌道までは43t
サターンⅤ、とても大きいですね!なんとスペースシャトルの約2倍!実はサターンⅤは史上最大のロケットなのです。全長110mは30階建てのビルに相当する大きさです。
IMG_4214
サターンⅤ  ©NASA

ロケット大きさ比べ_0929_0540-01
▲ロケットの大きさ比較
※CAPACITYは高度400kmから2000kmまでの地球低軌道(LEO)に運べる荷物の重さを表します。

サターンⅤの威力

サターンⅤのすごいところは大きさだけではありません。打ち上げ時の威力もまたすごかったのです。サターンⅤは打ち上げの瞬間、約45㎏の物を5㎞先まで飛ばすほどのパワーを持っていたそうです。また振動も大きかったため、発射場から5㎞も離れた録音スタジオの天井タイルが何枚もはがれたという噂もあります。
IMG_4215
サターンⅤ ©NASA

まとめ

アポロ計画というと、人類が初めて月に行ったという業績ばかりが注目されがちです。しかし、半世紀以上も前にこんなに大きなロケットが打ち上げられていたなんて驚きですよね!当時サターンⅤの打ち上げを見ていた人たちは、どんな思いで見ていたのでしょうか。きっと私達の想像以上の迫力だったと思うので、もう見ることができないなんて本当に残念です…。

今回ご紹介したサターンⅤは、アポロ計画に利用された後、ISS以前の宇宙ステーションであるスカイラブ計画にも利用されました。スカイラブ計画についてもまた後日紹介する予定です。お楽しみに!

参考:JAXA宇宙情報センター
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/saturn_1.html

[新メンバー記事]飛行機で「そら」の旅

自己紹介

はじめまして!今年からTELSTARのメンバーになりました、榎本友紀(えのもとゆき)です。
たくさんの人に航空宇宙産業の魅力を伝えたい!と、ずっと思っていて、
そこからTELSTARに入りたい欲が日に日に強くなって、今に至ります(笑)

今は大学で機械工学を勉強しています。宇宙の工学的な視点から、みなさんに宇宙の魅力を伝えていきたいと思っています。よろしくお願いします!

想像してみませんか?

みなさんは飛行機に乗ったこと、ありますか?

優雅に空を飛ぶ飛行機。
地上を覗くと小さくなった町や山々が見え、飛行機の影が見えることも。
窓の外には青い空と、綺麗な雲があります。

FB_IMG_1436868593422

それではもう少し高度を上げて地球のフチが見えるくらいまで行きましょう!
丸みを帯びた地平線と、ぼやぼやと地平線の上に見える大気。
さっきよりも一段と深くなった青い空と、ずっと下に見える雲たち。
夜になると、星がとっても綺麗に輝いています。
201011main_rs_image_feature_890_946x710
©NASA

「そらの旅」は、私たちに癒しと感動を与えてくれるものです。

今日はそんな「そらの旅」についてご紹介したいと思います。

飛行機で宇宙に行ける!?

「そらの旅」といえば、飛行機を連想しますよね。
私は小さい頃からずっと、飛行機に乗ってそのまま高度が上がれば宇宙に行けるんだ!
と思っていました。違ったのですね(笑)
みなさんがよく目にする飛行機は、空気の力を利用して飛んでいるので、空気が無い宇宙空間で飛ぶことはできません。
そこで開発されているのが「スペースプレーン」です。
その名の通り、宇宙航空機!
8d6c0dc859b1cc8ae139ca01756ebd94
©JAXA

スペースプレーンが実用化されれば、空港から飛行機のように宇宙まで飛んでいき、さらに地上まで帰ってくることができます。
また、スペースプレーンは宇宙飛行のコストダウンに繋がるだけではなく、短時間でたくさんの人が宇宙に行けるようになる乗り物です。とても画期的だと思いませんか?

スペースプレーンは昔からあった!?

スペースプレーンは1930年代からドイツやアメリカで構想されていました。

1930年代(第二次世界大戦中)のドイツでは、アメリカ爆撃機計画のひとつの武器として構想されていました。弾道飛行による宇宙からの攻撃により、地球上のどんな地点に対しても爆撃を可能とした、とされるものです。ちなみにこのスペースプレーンは、有人という設定だったようです。
世界大戦後のアメリカでは、スペースプレーンは注目を集めたものの、経費削減や、マーキュリー計画・ジェミニ計画という「カプセル型宇宙船による有人宇宙開発」が進展したこともあり、実現に至ることはありませんでした。

現代のスペースプレーン

現在、スペースプレーンは世界各国で研究されています。

例えば、宇宙開発に力を注いでいるアメリカでは
XCORエアロスペースのリンクスや
ヴァージン・ギャラクティックのスペースシップ2の開発が進められています。

リンクスは2人乗りで、微小重力実験用の積荷や小型衛星を高度100 km越えまで運ぶことができるようになっていて、乗客1人当たりの運賃は95,000ドル(日本円で約1167万円)の予定です。

スペースシップ2の見た目は、3機の飛行機がくっついているような外観になっています(笑)両端にある、2機の飛行機のような母機は、真ん中の飛行機を飛ばすための輸送用飛行機とされており、実際に宇宙飛行をして帰還するのは真ん中の飛行機だけ、という構造になっています。スペースシップ2は8人乗り(6人乗客2人パイロット)になっています。

B1Se-anCcAAKT6S (1)
©virgin galactic

スペースシップ2は、去年の10月末、試験飛行中に墜落事故を起こしました。
着陸システムが原因とされ、同じ事故が起こらないよう、研究・開発が進められています。

[動画] 飛行試験成功の様子

日本でもスペースプレーンが開発されている!?

日本でのスペースプレーンの研究・開発は1980年代から始まったとされていますが、
なかなか研究は進んでいないようです。
現在、日本では、スペースプレーンの技術を生かした「超高速旅客機」の研究開発が
宇宙航空研究開発機構(JAXA)や大学などで行われています!
e534406410a86be1159c139fb2e662f7
©JAXA

超高速旅客機は、重力を振り切り、宇宙にまで行けるほどのスピード(※)で飛ぶので、驚くほど速いです。
(※ 音速:秒速340mの二倍以上のスピード)
超高速旅客機が実用化されれば、東京-ニューヨーク間を90分で行ける時代になって、
短時間でたくさんの人が海外旅行に行ったり、出張に行ったり、
旅行好きの人にとっても、出張の多いサラリーマンにとっても嬉しい話ですよね!!
(ちなみに、今の旅客機では東京-ニューヨーク間は最短で12時間半かかります。)

研究・開発が進んでいるスペースプレーンとその技術。
スペースプレーンが「そらの旅」に利用できるということを知っていただけたでしょうか?
みなさんがスペースプレーンに搭乗する日を楽しみに、今後の宇宙飛行情報をお見逃しなく!!

[建築というレンズを通して宇宙を見る] 月面都市デザインハッカソン

メタプラネタジャパンとは?

9/29に開催された「月面都市デザインハッカソン」を取材してきました。
このイベントを主催したのは、メタプラネタ・ジャパン。
アメリカの大学で勉強をしている代表の森さんが、同級生たちと立ち上げた宇宙団体。
「いかに宇宙を人類がいどむ未知の領域としてではなく、人類のさらなる可能性を探求できるツールとして捉えるか?」という問いを軸に、若い世代を対象とした宇宙ニュースサイトの運営やワークショップの開催を行っている。
IMG_2411
画像:METAPLANETA(メタプラネタ)のコンセプトについて話すMETAPLANETA共同代表 森さん

プロフェッショナルに学ぶ

このイベントでは「月面基地デザインハッカソン」という名前の通り、1チーム6人で月面基地をデザインしていく。
(*ハッカソンとは、与えられた時間に複数のチームが課題に没頭し、作りあげたアイディアや作品を競い合うイベントのこと)

しかし、参加者は必ずしも宇宙や建築に詳しいわけではない。
そこで、「宇宙建築」という課題を考えるために必要な知識を、各界の専門家から学びました。

月面基地を考えるために必要な基本情報をJAXA(ISAS)の研究者、春山純一先生からレクチャー。
月には磁場や大気がないために、過酷な放射線環境や、アップダウンの激しい温度環境、隕石衝突などの危険があることを学びました。
そのために月の縦穴の先に続く地下空間に基地を建設することを提案してくださいました。
IMG_2439
画像:月の環境についてレクチャーする春山先生

建築について学ぶために、設計事務所TSUBAME ARCHITECTSの山道拓人さんよりレクチャー。
チリのスラム街に住む方々向けに作った拡張可能な住居のお話がありました。
IMG_2638
画像:自ら設計された建物を紹介しながら、月面建築に必要な知識をレクチャーする山道さん

また月に似た極地で暮らすための建築について、TELSTAR vol.8で取材させていただいた村上祐資さんのレクチャーもありました。
「厳しい環境のなかにこそ、美しい生活がある」
南極に1年、火星を模擬したアメリカの砂漠で2週間暮らした経験から、極地で暮らす人々の気分に寄り添った建築計画を呼びかけました。
IMG_2658
画像:極地の写真とともにレクチャーする村上さん

多彩な参加者たち

参加者は20人以上!建築を学んでいる学生はもちろん、工学や化学、法律を学ぶ学生。高校生の参加者もいました。
多彩な参加者が一堂に会し、月面基地をデザインして行くのです。
IMG_2456
画像:いろいろなバックグラウンドを持った参加者たちが月面基地のアイディアを出しあう

話し合いはまず、春山先生のレクチャーを基に、「月面でしたいこと」「月面であったらいいもの」「月面でできそうなこと」をテーマに話し始める。
大きな紙に大きな字で書き出していく班、パソコンにメモをとっていく班、紙にデザインの絵をどんどん書いて行く班。
班によって、様々な話し合いの進め方をしていたのが印象的でした。

そのアイディアにレクチャーを担当した専門家の方々のアドバイスもありました。
IMG_2499
画像:話し合っている内容を絵にしていきます
IMG_2675
画像:レクチャーを担当した建築の専門家、山道さんや村上さんから直々のアドバイスも!

ゲームの世界で実際に建設

話し合ってデザインした月面基地は、マインクラフトというゲームの世界の中で実際に建設されます。
マインクラフトの世界での建設を担当するのは、マインクラフトエキスパートと呼ばれる小中学生!彼らの手によって、月がどんどん開拓されていきます!
IMG_2554
画像:話し合った内容を伝えて、マインクラフトというソフトで形にしていきます。
IMG_2592
画像:縦穴の中に居住スペースを建設中

そうして完成したのがこれだ!

マインクラフトで形になったものを、参加者の前で発表します。
どんな考えでこんなデザインの基地を建設することのなったのか、どんな設備があるのか、基地の中をツアーしながら解説していきます。
各班の発表後には、レクチャーを担当した先生方からご講評いただきました。
ただただ褒めるだけではなく、「ここはもっとこうするべきだ」というようなプロ視点の改善案もありました。
IMG_2695
画像:左に立っている二本の塔がロケットの発着台。真ん中に見えるドームが月基地の入り口

IMG_2716
画像:月の小さな重力を利用して、ハリーポッターの世界にでてくる「クィディッチ」というゲームをすることができるのではないかと考えた班は、月の地下にクィディッチのスタジアムを作ってしまいました!

IMG_2737
画像:長屋のように長く連なる基地がいいのではないかと考えた班もいました。この仕組にすると、火災の危険性が増すので、きちんと避難経路が確保されていました。

IMG_2766
画像:月に老人ホームを建てようと考えた班は、月面に墓地を作っていました。

IMG_2745
画像:マインクラフトで作った基地と一緒に、色々な資料を使って、自ら作った月基地を案内します。

IMG_2725
画像:各班の発表後には先生方から講評いただきました。

まとめ

どの班も全く違う月基地を建てていました。こんなにも色々なアイディアがでたのは、いろいろな経験をして、いろいろな勉強をしている人たちが集まったからこそではないでしょうか。
宇宙開発は「ロケットを作る人」「人工衛星を作る人」だけで成り立っているのではありません。今回のイベントのように「建築」や「法律」など、いろいろな勉強をしてきた人たちが集まることで、ようやく形になっていくのです。
多彩な人を集め、宇宙のさらなる可能性を探求していくメタプラネタさんの活動に、これからも注目していきましょう!
METAPLANETA(メタプラネタ)公式サイト
http://www.metaplaneta-japan.com/
IMG_2780
画像:「集合写真撮るよーー」

さて、私たちTELSTARも月基地を建てることを、もちろんご存知ですよね!
TELSTARのW皆既月食YEAR プロジェクトでは、全国各地の高校生が力を合わせて、ひとつの基地を作り上げます。
まだまだ参加者、参加校募集中ですのでぜひ参加してください!
http://spacemgz-telstar.com/?p=1383