宇宙兄弟ファンイベント 「いま、宇宙で起こっていること」 潜入レポート

こんばんは、加藤です! 寒くなりましたね、加藤はもうそろそろコートを出そうと思っています。 さてさて、10月21日に宇宙兄弟のファンイベントへ行ってきました。 夜の渋谷でしたが、子どもから大人までたくさんの人で会場は満席でした。 「今、宇宙でおこっていること」をテーマに、宇宙開発の世界で活躍していらっしゃるお二人のお話を聞いてきました!

小野雅裕さんの「宇宙人生」

みなさん、宇宙の始まりから現在を一週間に例えると、人類が生まれたのはいつになるか知っていますか?

こんなクイズから始まったのは、現在NASAのJPL(Jet Propulsion Laboratory)で技術者をしている小野雅裕さん。

小野さん
画像:講演する小野さん

みなさんのなかにも、将来はNASAで働いてみたいと思っている方が居るのではないでしょうか?
小野さんも、昔は夢見る少年だったそうです。 天文マニアだったお父さんの影響で、宇宙が好きになり、ボイジャー2号が小野さんにとってヒーローでした。 このボイジャー2号をつくった機関こそ、JPLだったんです。

NASAまでの道のりは決して簡単なものではありませんでした。 一度選考に漏れてしまい、日本の大学で助教としてくすぶっていた時期もあったそう。
宇宙開発をやっていていいのか、迷った時期もありました。
しかし、その迷いを吹き飛ばしたのも、やっぱり宇宙。 2010年、山崎直子さんが地球を飛び立ったときの打ち上げを見にフロリダまで行き、そこで見た光景のあまりの美しさに心を打たれ、小野さんは宇宙開発の道に進むことを決めたそうです。

現在も活躍中の小野さんは、宇宙兄弟はどこまでリアルなのか、NASAってどんな仕事場なのかなど、日本に居るだけではなかなかわからないことまでたっぷりお話を聞かせてくださいました!

アストロスケール・岡田光信さんによるスペースデブリについて

みなさん、アストロスケールという会社を知っていますか? TELSTARを読んでくれている方のなかには、もう知っている人もいるかもしれませんね。
お話を聞かせてくださった、もうお一方はアストロスケールの岡田光信さんです。

岡田さん
画像:講演する岡田さん

私たちの頭上には、毎日デブリと呼ばれる宇宙に漂うゴミにようなものが回っています。 地球の上空、600kmから1000km地点は人気のある軌道なのだそうで、そこにゴミはたくさんあるようです。

地球から、ほどよく遠く程よく近い、そんな軌道にはもちろん各国の衛星が打ち上げられるのです。
しかし、ロケットの切り離された部品や運用が終わってしまった人工衛星などのデブリ(=ゴミ)もまた、そのような軌道にたくさん浮遊しているのです。
また、過密した軌道の上で、衛星同士が接触し、たくさんのデブリを生み出してしまうようなことも。
これは何を意味するのかというと、私たちはデブリに邪魔され、人工衛星を利用してカーナビを使うこともできなくなる日がいずれきてしまい、そしてついには地球から宇宙に飛び出す事もできなくなってしまうということです。
デブリの問題は技術だけでは解決できません。国際的な取り決めや協力体制などが必要であり、これは理系だけの問題ではないのです。
果たして、宇宙に散らばったゴミは誰がお掃除するべきなのか、それがわからないのです。

アストロスケールでは増えるばかりのデブリを掃除するビジネスが展開されています。
あなたも、宇宙の掃除人になってみるのはどうですか?

まとめ

最後には、来る予定はなかった宇宙兄弟の原作者・小山宙哉さんが登場し大にぎわいで終わりを迎えました。
他にも、宇宙飛行士の採用試験で出題された問題を来場者みんなでやってみたり、小山さんサイン入りタオルを賭けたじゃんけん大会など、もりだくさんのイベントでした!
漫画やアニメの装飾、グッズ販売もありマニアにはたまらないイベントとなっていました。
NASAのJPLという宇宙開発の最前線で働く小野さんのお話、宇宙の環境問題について取り組んでいる岡田さんのお話、どちらもとても大切で面白いお話でした。

クマ
画像:小野さんからのNASA土産

壁
画像:会場は宇宙兄弟の装飾でいっぱい

マカロン
画像:限定発売された宇宙兄弟マカロン

宇宙兄弟はマンガの世界ですが、宇宙開発に実際に携わっている方のお話を聞いてすこし宇宙が身近に感じられるようなイベントでした。
今回で二回目だった宇宙兄弟ファンイベントですが、このレポートを読んだあなたも是非次回は参加してみてはいかがでしょうか?

小山宙哉公式サイト:http://koyamachuya.com/

第3回アポロ宇宙船

こんばんは。山田です。
すっかり秋が深まり、先月とは打って変って肌寒い季節となってきましたね。
皆さん、体調管理にはくれぐれもお気を付下さい。

さて、満月記事の内容ですが、前回にひき続き「アポロ計画」の話題についてお話ししたいと思います。今回、注目するのは「宇宙船」についてです。どんな特徴があったのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

みんな大好きアポロ司令船!?

まずは、宇宙船の構造から見ていきましょう。アポロ宇宙船は、司令船・機械船・月着陸船の3つから成り立っています。
800px-Apollo_CSM_lunar_orbit
©NASA 司令船+機械船(月着陸船除く)

しかし、写真を見てもどこが司令船で、どこが機械船なのかよく分からないと思った方もいるはずです。分かりやすい例がこちらです。チョコレート菓子の「アポロ」。これは、アポロ司令船の形が由来となっています。皆さんが食べているのは、アポロ司令船だったのですね。
IMG_5110
司令船の形が由来!

そもそも、なぜ司令船・機械船・月着陸船に分ける必要があったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

月への着陸方法

司令船・機械船・月着陸船に分ける必要があったのは、「月軌道ランデブー方式」と呼ばれる着陸方法が採用されたためです。月軌道ランデブー方式とは、3人の宇宙飛行士を乗せたアポロ宇宙船をロケットで月の軌道まで打ち上げ、その後、月着陸船に乗った2人を月面まで運ぶ方法です。残った1人は司令船+機械船で待機していました。

この方法の最大のメリットは、ほかの方法に比べて宇宙船の重さを最少に抑えることができるということです。ただ課題は、アポロ宇宙船に搭乗した3人の宇宙飛行士のうち、月面に着陸する際は2人が月着陸船に乗り、あと1人は司令船に残らなければいけなかったことです。残念ながら1人は実際に月へ降り立つことができなかったのです。

なぜそこまで、重さにこだわったのでしょうか?先ほど紹介した、「月軌道ランデブー方式」と「直接降下方式」*と呼ばれる方法について、コストの面で比べてみましょう。
月軌道ランデブー方式で使われる宇宙船の総重量は15トンと言われています。
直接降下方式は、宇宙船を使わずにロケットで月に直接たどり着く方法です。このロケットの重量は200トンと言われています。その差は、なんと185トン!!
運ぶ荷物が大きければ大きいほど、ロケットも大きくなります。そうすると、ロケットのコストも膨れ上がります。

アポロ表

コップ1杯の水を宇宙ステーションまで運ぶのに40万円、月まで運ぶのに500万円かかるので、185トンも差があると、どれだけ大きなコストの差を生むのか想像できるでしょう。

※直接降下方式:アポロ計画の当初では、コンパクトな月着陸船ではなく、巨大なロケット( 高さ20m、重量200トン )で着陸して、そのまま地球に帰還する案を計画していたが、月面への着陸方法や、ロケットの高い場所からどうやって飛行士が月面に出るかが問題となり、月着陸船が計画された。

まとめ

今回の記事では、月軌道ランデブー方式と直接降下方式について、比較をしました。
今回は取り上げることが出来ませんでしたが、当時は他にも様々な着陸方法が検討されていました。興味を持った方は、ぜひ調べてみてください!びっくりするような発見があるかもしれませんね!!

次の満月は11/26です。スカイラブ計画についてご紹介します!
————————————————-
月に関してもっと知りたいなぁ。そんなアナタいいお知らせです。
TELSTARでは11/23(月)に「宇宙×高校生100人サミット~私たちの月面基地計画~」と題したイベントを行います。イベント当日は、月の地震を研究されている先生から直接お話しを聞けます。他にも、アナタの刺激となること、新たな発見がそこにあるはずです。
まだまだ、当日のイベント参加者を募集中です。ぜひぜひご応募ください。
応募フォーム:http://spacemgz-telstar.com/wp-content/uploads/2015/10/w_total-eclipse_type1.html

※定員に達した場合は応募を打切らせて頂きます。ご了承くださいませ。
——————————————————————

流れ星からのメッセージ -日本大学 理工学部 航空宇宙学科 阿部研究室

「おかえりはやぶさ!」の声の主、阿部先生が率いる研究室へ取材してきました。日本大学の阿部研究室では、さまざまな形で地球にふって来る宇宙からのメッセージを読み解いています。

動画:日本中が涙した、はやぶさ帰還の瞬間。この「はやぶさ、おかえりぃー」という声の主こそ、今回お話をうかがった阿部先生 です!

宇宙から降りそそぐ

地球には毎日100〜300トンもの物質が宇宙から降りそそいでいるって知っていましたか?もし降って来る物質が小石くらいだとすると(1個5gくらいだとする)一日に20,000,000個〜60,000,000個くらいが空から降ってくるということになります。実際は小石よりももっともっと小さい0.1mmくらいのチリがほとんどなので、私たちにぶつかる心配はありません。

隕石の故郷を探して

しかし2013年にロシアに落下したような直径20mくらいの小惑星が10数年に一度の割合で落ちてくることもわかりました。隕石火球(隕石は地上に落ちてきた宇宙の物質を表す言葉で、地球に落ちてくる時の発光を隕石火球と呼びます)の軌道を計算すると、どうやって地球にやってきたのか起源を推定することもできます。ですが、まだまだ謎が多く、これからたくさん発見がありそうな分野です。次に世紀の発見をするのは、あなたかもしれませんね。

IMG_9622てる
画像:阿部先生が集めていらっしゃる隕石。このような石が落ちてくるときに隕石火球(流れ星)が観測できます。

宇宙からのメッセージを読みとれ!

メッセージを受け取る手段として、阿部研究室では様々な方法をとっています!

1:観測

みなさんは流れ星に願い事をしたことがありますか? 願い事をするにも速すぎて大変ですよね。そんな流れ星を目で正確に観測して研究することはできません。そこで高感度カメラやレーダーを使って観測します。分光器を使えば流れ星がどんな物質でできているのか、どうして光るのかがわかります。レーダーで観測することで天候や昼夜を問わずに流れ星のメッセージを受け取ることもできます。
IMG_9635てる
画像:観測装置の一つ。市販のビデオカメラに、学生さんたちと作った分光器を装着している

WHAT’S 分光
〜光の色から成分を知る〜

光の色は波長により変化し、物質は成分によって色が変わります。例えば、ナトリウムが発光すると橙色に、マグネシウムが発光すると緑色の光が出ます。一方、太陽光の反射で光っている小惑星は、表面の物質が太陽光の特定の色を吸収します。流れ星や小惑星の表面の色から、どんな物質でその天体ができているのかを調べることができます!光の性質の詳細は、ぜひTELSTAR7号をチェック!!
0_TELSTAR07_WEB_0527てる

2:理論

私たちは、いつ・どこで流星群を観ることができるのでしょうか?流れ星を観測をするためにも、天気予報ならぬ流星群予報が存在します。流星群予報には天気予報の天気図のようなものがあるわけではないので、彗星から放出されたチリの軌道を惑星の重力の影響などを考慮して計算することで予測します。

3:探査

小惑星探査機はやぶさから得た小惑星探査データを解析しています。実は阿部先生ははやぶさに搭載していたカメラの開発にも携わっているんです!はやぶさが地球に帰還した際の大気突入映像を見たことがある人も多いのではないでしょうか。燃えつきながら帰って来たはやぶさと地球帰還カプセルも流星に見立てて観測していました。阿部研究室は、現在、はやぶさの後継機である、はやぶさ2のプロジェクトにも関わっていて、2018年からは探査機はやぶさ2が小惑星1999JU3から受け取ったメッセージの解読が始まります。
IMG_9626てる
画像:先生の研究室には、はやぶさ2のステッカーが貼られた望遠鏡や、ポスターがありました!

4:実験

流れ星の発光を詳細に理解する目的で、人工的に流れ星を作る実験を行っています。近い将来、実際に宇宙から流れ星を発生させる人工流れ星衛星を打ち上げる予定で研究と開発を進めています。

ここがポイント
エンジニアリング×サイエンス

航空宇宙工学科は日本大学理工学部の14学科の中のひとつです。阿部研究室で研究されているのは、主に理工学の中の理学の方ですが、工学を忘れているわけではありません。理学の研究を進めるために、じぶんたちでものづくりを行い、その道具を使うことを大切にしています。

阿部先生から高校生にメッセージ

ぜひ物理と数学を勉強して、阿部研究室に入って来てください。一緒に宇宙を目指しましょう!

IMG_9617てる

さいごに

海外の研究者との交流談や一昨年まで居た台湾でのお話など、実はここには書ききれないほどおもしろいお話をたくさん聞かせていただきました。その話はまたいつかの機会にしたいと思います。

TELSTAR cafe@みやこ祭2015

去年大好評だったTELSTAR cafe@みやこ祭
今年も開催します!

今年はもりだくさんの展示をお届けします。

首都大で学ぶ宇宙

みやこ祭とは11月1日から3日まで開催される、首都大学東京の大学祭です。
そこで会場となる首都大学東京では、どんな宇宙の勉強ができるのか紹介します。
望遠鏡、ロケット、人工衛星。
どんな勉強ができるのかな?

大学祭パンフ

TELSTARの森

創刊号のvol.0から、先日発行されたTELSTAR vol.9まで、合計10冊、累計5万部のTELSTARを発行することができました!
「そこでこれまでのTELSTARを皆さんに読んで欲しい」
そんな想いから、TELSTARの世界を体験できるような展示をします。
よくわからないですよね?実際に来て体験してください!
IMG_4357
ヒント画像:大きなTELSTAR…?

TELSTAR cafe

もちろん開催期間中(9:00から18:00まで)TELSTARメンバーが皆さんをお出迎え♪
大学生活やTELSTARの制作秘話など、 一緒にお話しませんか?
実際に宇宙開発の第一線で活躍しているTELSTARメンバーと各日お話できるコーナーも用意しています。
人工衛星の開発に携わっている方、イオンエンジンの研究に従事している方が来るかも!?
現場で働く技術者の学生時代、心がけていたこと、昔の夢やそしてこれからの夢などを
直接聞くことが出来る、めったにない機会となっています!

また、現場で働くメンバーへの質問を現在募集しています。
高校生のときの部活や、宇宙に目覚めたきっかけ、仕事で大変なこと楽しいことは?などなど
こちらから、どしどしご応募ください!
[応募フォーム]
http://goo.gl/forms/OtigDh1YbK

宇宙が大好きなアナタも、宇宙に興味を持ち始めたアナタも
お待ちしています!

期間:11 月1 日(9:00-18:00),11月2日(9:00-12:00),11 月3 日(9:00-17:00)
会場:首都大学東京 南大沢キャンパス 7 号館228 教室
アクセス:京王相模原線「南大沢駅」 徒歩5 分

W皆既月食YEAR2018特別サイト

back

W皆既月食YEAR2018を紹介する、特別サイトを公開しました!
2015年11月23日(月・祝)に開催されるイベントの詳細はこちらから。

第2回 TELSTAR CAFÉ☆

こんにちは!
9月19日に第2回TELSTAR CAFEを開催しました♪

1442662575003
写真:集合写真

さて、ここでは第2回TELSTAR CAFÉでどのようなことを行ったのか、少しだけ紹介したいと思います^^
これを読めば、あなたも第3回目TELSTAR CAFÉに参加したくなるはず??

自己紹介タイム

まずは自己紹介タイム!
何度かTELSTARのイベントに参加してくれている人や、初めて来てくれた人、いろいろな人が来てくれました!
宇宙以外に好きなものを紹介したり、参加者同士で共通点を見つけるゲームなども行って、とても和気あいあいと盛り上がっていました♪
初対面同士とは思えないほど参加者のみなさんで仲良くなって一気に場は和やかになりました。

1442662602323
写真:共通点集めゲームで盛り上がる参加者たち

手作り人工衛星ワークショップ

そしていよいよ手作り人工衛星製作がスタートっ!!
Little Bitsという磁石で光センサーやスピーカーなどの部品を組み合わせて、電子回路を作れるキットを使い、人工衛星を作ってみようという内容です。
ウォーミングアップとして、「明るいところだけ音楽が流れるスピーカーを作れ!」「赤外線リモコンでON/OFFができるモーターを作れ!」などなどさまざまなミッションを行いました。

1442662595247
写真:制作風景
1442662587740
写真:最終ミッションの制作風景

そして最終ミッションとして、iPodの音楽を赤外線で飛ばし、アンテナで受信してスピーカーから流す人工衛星を作りました。
完成した人工衛星がこちら!
1444628835822

写真:みんなの思いが詰まった人工衛星が完成!

なんとこちらの人工衛星模型はTELSTARが関西で行われた宇宙イベント・宙フェスへと出展した際の応援募金箱へと変身を遂げました!(宙フェス出展の報告記事はコチラ

1444629161541
写真:人工衛星が募金箱へと変身!

戸塚さんによる月面基地CG解説

そして、次にTELSTAR Vol.8とWebにて掲載された月面基地CGの製作者である戸塚さんから講演をいただきました!
プロジェクターにCGを投影しながら、それらの解説をしていただきました。

1442662591421
写真:戸塚さんの講演

講演の内容も月の基礎知識から月面開発の歴史、建築家にまつわる話など多岐にわたる内容で、初めて知ることもいくつかあったのではないでしょうか!

まとめ

あっという間に時間が過ぎ、TELSTAR CAFÉ終了の時間になりました。
第一回に引き続き、参加してくださった皆さんへプレゼントを配り、無事に終了!

今回の来場者は大人のかたから中学生までと幅広かったのですが、「宇宙」という共通のテーマで話がとても盛り上がっていました。
CAFEの目的である「バックグラウンドに縛られない宇宙好きのコミュニティをつくる」ということが、少しでも達成できていたら運営メンバーも光栄です!

次回のTELSTAR CAFÉは11/1~11/3で行われる首都大学東京の文化祭「みやこ祭」にて出張開店です!
詳細は近日中にWebでお知らせをするので、お見逃し無く♪

出張TELSTAR in 宙フェス

こんにちは、TELSTARの加藤です。
最近、TELSTARメンバーは月イベントが近づき、いつでも忙しいのにさらに忙しく動き回っています。

では本題に、9月26日に京都の嵐山で行われた宙フェスに出張してきました!
1444621293298
写真:TELSTARメンバー集合写真

宙フェスは、ファッションやサイエンスなどいろいろな方法で星空を楽しむことをコンセプトに、クラフトショップやワークショップ、音楽のライブやグッズの販売などが一堂に会した、宇宙好きにはたまらないイベントです!

TELSTARでは、冊子の配布とキッズコーナーを担当させてもらいました!

パタパタ紙ヒコーキを作ろう!

キッズコーナーでは、親子連れを対象に紙ヒコーキ作り体験ブースを開設しました!
今回作ったのは「羽ばたき飛行機」その名の通り、飛ばすとパタパタと鳥のように羽ばたくヒコーキです。

thumb_DSC03938_1024
写真:子供たちに作り方を教えるメンバー

始めからパタパタとした動きをするヒコーキもあれば、なかなか思うような動きをしないヒコーキもありました。羽根の角度を微調整したり、飛ばす時の力加減を調節したり、様々な工夫を凝らし、試行錯誤して、パタパタと羽ばたく動きを実現させようとしていました。
なかには階段を10往復以上する子も!

thumb_DSC03942_1024
写真:紙ヒコーキで遊ぶ子供たち

マガジン配布コーナー

マガジン配布コーナーではTELSTARをたくさんの方に届ける事ができました。

足を止めて話を聞いてくださる方もたくさんいて、中にはTELSTARをすでに知ってくださっている方、応援してくださる方もいました!
「がんばってね」や「応援してます」の声で、心の疲れが飛んでいきました。

1444621267115
写真:TELSTARをたくさん手にとって頂いてほっこりしてる代表

まとめ

直接冊子をお届けする機会というのは意外とないもので、普段はあまり目にすることができない、手に取ってもらったときの反応も目の前で見ることができ、うれしい一日となりました。

宇宙にまつわるたくさんの催し物があった宙フェス、ぜひみなさん来年も足を運んではいかがでしょうか?

〜〜〜〜
さて、約1500人もの来場者の方たちにTELSTARをお配りし大盛況に終わった宙フェスですが、宇宙にまつわるイベントはこれだけではないのです!

11/23(祝・月)にお台場科学未来館で行われる「宇宙×高校生 100人サミット〜私たちの月面基地〜」への参加登録は済ませましたか?
プレゼンや講演の観覧、ワークショップの体験などが出来るオブザーバー高校生を100人サミット特設ページにて絶賛募集中です!

特設ページはこちら!