第4回スカイラブ計画

こんばんは!今月も満月の夜がやってきましたね。満月記事ではアポロ計画について様々な点からご紹介していますが、みなさん、9月に取り上げたサターンⅤロケットを覚えていますか?サターンⅤとはアポロ計画に用いられた全長110mの史上最大のロケットのことです。今回はそのサターンⅤに関わりのある、「スカイラブ計画」についてご紹介します。
(9月満月記事:http://spacemgz-telstar.com/?p=1819

宇宙での生活

突然ですが、今までに国際宇宙ステーション(ISS)以外にも宇宙ステーションがあったことを知っていますか?実は、スカイラブはサターンⅤを改造してつくられたアメリカ初の宇宙ステーションなのです。ISSができるよりも前に、人は宇宙に滞在していたんですね!
スカイラブはサターンⅤの一部を利用したため、宇宙飛行士が居住できる大きな空間が確保できました。スカイラブ内には寝室やトイレ、シャワーユニットなどがあり、アポロ宇宙船での生活よりもかなり快適だったようです。

skylab
スカイラブ©NASA

スカイラブ計画のミッション
スカイラブミッション

スカイラブ訓練
ジョンソン宇宙センターでスカイラブ訓練中のチャールズ・コンラッド宇宙飛行士©NASA

宇宙空間の実験室

スカイラブ計画では、長期間の無重力状態が人間に与える影響を調べたり、太陽活動を分析したりと、合計171日間に及び実験を行いました。また、彗星などの観測のために17万枚以上の写真も撮影されました。中には学生から募集した実験もあり、その一つとしてスカイラブ3号では無重力でのクモの巣の張り方について実験されたそうです。クモが宇宙で初めて作ったクモの巣は地球上のものに比べるといびつな形でしたが、クモが無重力状態に慣れると地球上のものと同じようにきれいな巣を完成させました。
このように宇宙飛行士は多くの実験を行いましたが、スカイラブ1号の打ち上げ時に太陽電池パネルが開かず十分な電力が供給されないというハプニングがあったため、打ち上げ当初の宇宙飛行士達は数週間を修理に費やすことになりました。

宇宙グモ
無重力空間で初めてクモの巣を張ったクモ©NASA

1974年に滞在計画が終了した後もNASAはスカイラブの役割を検討していました。しかし1970年代末に太陽活動が活発したことで周回軌道が不安定になり、予定よりも早い1979年にスカイラブは大気圏へ再突入し、役割を終えました。スカイラブ計画は、宇宙について、そして宇宙での人間への影響について、知識を与えてくれました。

次回の満月記事は月にまつわる神話を取りあげます。お楽しみに!

[報告]TELSTAR@みやこ祭2015!

こんにちは!すえです。

先日お知らせした、首都大学東京 大学祭「みやこ祭」での出展が終わりました!

みやこ祭でTELSTARは「TELSTARの森」「首都大で学ぶ宇宙」と題し、様々な展示を行いました。
そんなみやこ祭をたくさんの写真と共にご紹介します!
特大TELSTAR
本物のTELSTARの7倍大きい特大TELSTAR!
ちゃんとページがめくれるようになっています。

DSC_0120
TELSTARの表紙になれる顔出しパネル。
「小顔じゃないと、顔が出せないよ〜」なんていう声もあったので、次回はさらに大きくしようと思います。
DSC_0032
「首都大で学べる宇宙」のコーナーでは、首都大にある宇宙が学べる研究室や授業、サークルをご紹介。
写真はvol.1の「うちゅうけん!」でも紹介したCORE(https://twitter.com/core_rocket)から、本物のロケットをお借りして解説している様子

DSC_0036
TELSTAR cafe@みやこ祭では、実際に宇宙に関するお仕事をしているTELSTARメンバーとお客さんでお話ができるような場所をご用意しました。楽しんでもらえたかな?

こんな展示をして、みやこ祭ではたくさんのお客さんにお会いすることができました!
TELSTARのことを元々知ってくれていた人、たまたま通りかかった人、たくさんのひとに少しでも宇宙のことを知ってもらえたかと思います。

「特大TELSTARが見たかった!」
ご安心ください!この特大TELSTARを11月23日に日本科学未来館で開催する宇宙×高校生 100人サミット~私たちの月面基地計画~で展示する予定です!まだまだ参加者募集中ですので、ぜひお申し込みください!
申し込みはこちらから!
またお会いできる日を楽しみにしています!
DSC_0121