au×HAKUTO MOON CHALLENGE ローバーフライトモデルデザイン発表会レポート

今日はGoogle Lunar XPRIZEへと日本から唯一出場するHAKUTOのローバー(月面探査車)のフライトモデルが発表されました!その発表会の模様をTELSTARがレポートします!Google Lunar XPRIZEとは、Googleが賞金を出す月面賞金レースのこと。ミッションは月面に純民間開発のロボット探査機を着陸させること、着陸地点から500m以上移動すること、高解像度の動画や静止画データを地球に送信することの三つがありそれを最も早く達成したチームには賞金2000万ドルが与えられるというレースです。(このレースのTELSTARの記事はコチラ
HAKUTOはローバーを開発し、これまで様々なプロトタイプモデル、プレフライトモデルを制作してきました。今回の発表会ではその開発のなかで得られたノウハウを結集させた実際に宇宙へ向かう「フライトモデル」が発表されました。

DSC00777
フライトモデルのローバーとHAKUTO袴田代表(中央)、サポーター企業の代表者

このフライトモデルには小型化への挑戦、民生品の活用という大きく二つのチャレンジがあり、「コストとパフォーマンスの最適解」というコンセプトをもとに開発されました。
小型化への挑戦というのは、宇宙へ打ち上げるためのコストが大きく関わってきます。1kgのものを月へと運ぶには約1.2億円ものお金がかかり、民間のみの力で月へ向かうという面では大きな障壁となります。そこでHAKUTOはCFRP、ウルテムという軽くて強い特殊な素材を使用することで大幅に機体を軽くすることに成功しました。その素材の軽量化などの甲斐あってこのフライトモデルでは前回のモデルの7kgよりさらに軽い4kgというローバーとしては異例の軽さを実現しました。
また、民生品の活用という点では、同様に放射線や熱などの障害の多い宇宙へと挑戦するローバーを開発するには大きなお金がかかるという点で工夫の一つということになります。宇宙用の特殊な部品は製造に時間がかかり、価格も通常の民生品よりも高い傾向にあります。このフライトモデルは使用される部品の約70%に民生品を使用しコストと納期の早さを実現しました。
さまざまなエンジニアたちの工夫や技術が結集したローバーですが、他にも様々な特徴があります。詳しくは公式HPをチェックしてみてください。

DSC00716
フライトモデルの仕様をプレゼンする袴田代表

他にも新アンバサダーの神田沙也加さんの就任や、アンバサダーのサカナクションの手がけた音楽を使用した新CMの発表もあり、発表会は盛りだくさんの内容でした。

DSC00933
新アンバサダーに就任した神田沙也加(中央)

実際のフライトモデルの製造や9月下旬~10月上旬に予定されている鳥取砂丘での試験などもあり着々と宇宙へ、そしてGoogle Lunar XPRIZEの優勝に向けて前進を続けるHAKUTOの動向に目が離せません!

1472451419887

そら博に出展してきた!

~そら博って?~

そら博とはいろんな空が体感できる 実験や自由研究ができる「そらが大好きな人たち」大集合~
「そらの博覧会」体験型のワークショップを通じて、気象や環境に親しんでもらいながら学べる家族で参加できるイベントです。
8/5,6,7に幕張メッセで開催されました。

http://weathernews.jp/soraexpo/

~ワクワクワクセイ!?惑星くん惑星ちゃんと学ぼう~

これを聞いてピンときたかたは鋭いですね!
「惑星くん惑星ちゃん」はTELSTAR10,11号で取り上げていたコーナーで、
太陽系の惑星を擬人化して、惑星の特徴について紹介したコーナーです。

wakusei

私たちTELSTARは「惑星くん惑星ちゃんと遊ぼう!」というテーマでイベントを行いました。

ワークショップの主な内容は3つ!

  • 惑星くん惑星ちゃんたちの学べるポスター!
  • 惑星くん惑星ちゃんのクイズ!
  • ネームカード作り!

入ってまず目につくのはこれ!

IMG_9693

そうポスターです。
惑星間を旅をするのにどれくらい時間がかかるのかや、地球での体重と他の惑星での体重を比較したものを用意しました!
木星まで旅をするのに5年もかかるんですね。

次に目につくのはクイズコーナー!

惑星ちゃん惑星くんに関するクイズが全部で8問出題されました。

IMG_9668

1~3問 正解で 惑星見習い(もう少し)
4~6問 正解で 惑星名人(ちょっとカッコいい)
7,8 問 正解で 惑星博士(みんなに自慢できる!)

私は、このコーナーを担当していたからか、このコーナーが一番盛り上がったのではないかと勝手に思っています。
8問完答する強者はちらほらいました!!!
楽しみながら、そして真剣にクイズに取り組んでくれて私は大変うれしかったです。

突然ですが、クイズの一部を抜粋して記事を読んでいる皆さんに質問です!
Q:土星君は水に沈んでしまう。〇か✕か?(正解は記事の末尾に記してあります。)

dosei

最後にあるのがネームカードコーナーです。

IMG_9586

ネームカードには好きなキャラクターのシールを貼ったり、自分の名前を書いたり、称号(惑星見習い、惑星名人、惑星博士)を書いたりしてもらいました。
ここでは、子供たちとお話ししながらネームカードを作っていたのですが、宇宙に胸をときめかせている多くの子供たちに出会いました。
宇宙のことを話してる子供たちの目はキラキラしていました。
将来が楽しみです。
キーホルダーを付けてイベントのことを思い出してくれたら嬉しいです。

~感想~

そら博は、小学生たちを対象にイベントだったので、好奇心旺盛な無邪気な子供たちがたくさんいらしていました。
宇宙のこと知ってるよ!という子がいれば、惑星の名前すら分からない子もいました。
ですが、子どもたちの顔を見る限りどちらの子にも楽しんで学んでもらえたのかなと持っています。
ちびっこたちと一緒にクイズをやって、私も楽しんでしまいました。
このイベントを機会に、宇宙の事をもっと知りたい!という子供たちが増えることを願っています。

さて、TELSTARではイベントを定期的に行っております。
8/28にはTELSTAR「水ロケット甲子園」対象:中高生

ぜひぜひご参加下さいー!
ご質問はお気軽に:space.freemgz@gmail.com

第13回 月の海

月に海があるってこと、みなさんは知っていますか?
今夜は満月の時に広がる月の海についてのお話をしましょう。

~月にも海はあった?!~

月の海。もしかすると聞いたことがある方もいるかもしれませんね。
実は、月には黒い部分―私たちがうざきに見立てているあの部分―それが、海と呼ばれているのです。
紀元1世紀ごろから、月の黒い部分は海、白い部分は陸だと考えられていたそうです。随分と昔ですよね。
しかし、実際に海と呼んだのは、16世紀頃のヨハネス・ケプラーというドイツ人であり、かの有名なハレー彗星を観測し記録を残した人物なでもあります。この人はそれ以外にも偉大な業績をたくさん残しています。(気になる人は調べてみてくださいね!)

~海 以外呼び方~

さて、月の海の話に戻りましょう。海と呼び始めたのはヨハネス・ケプラーですが、ガリレオ・ガリレイも月に海があると信じていたようです。
今でこそ、月に人間が立てる時代ですから、月にはそもそも水すらもないことが常識となってしまいましたが、当時は月に対するロマンがもっと溢れていたのでしょう。
海以外にも、湖、沼、入江など水に関する場所の名前がたくさんついています。

月の海03

今のような発達した技術がなかったガリレオガリレイやケプラーの時代では、月は地球と同じように陸や海が存在していると考えたのだと思うと、なんだか不思議な気持ちになりますね。
日本名で有名なのは、豊かの海、晴れの海、静かの海でしょうか。他にも虹の海、雲の海、波の海など綺麗な名前がたくさんあります。
お気に入りを見つけて月を眺めるのもきっと楽しいですよ。

月の海02
今夜はいつもと少し視点を変えて、月を眺めてみてはいかがでしょうか?

TELSTAR vol.12 -宇宙でいっぱいの夏が、始まる。- WEB PDF版公開!

TELSTAR vol.12のPDF版を公開しました!
今回は夏休み特集。水ロケットや天体観測で宇宙を感じる夏にしよう!手軽に出来る宇宙工作や夏休みにオススメの宇宙スポットについても紹介します。

 Vol.12表紙

コンテンツ

  • 夏休み特集! -宇宙を感じる夏にしよう-
  • 衛星設計 -多くの困難へと向かう飽くなき挑戦-
  • TELSTAR宇宙情報 -HOT TOPIC/TELSTAR RECOMMENDS-
  • 私と宇宙 -あなたと宇宙はどんな関係?-

TELSTAR vol.12 WEB PDF版はこちらで閲覧できます

第3回 固定撮影の応用編Ⅰ

こんばんは!今夜は新月です。
すっかり夏本番となりました。皆さんも夏休み中に一度は夜空を見上げるときがあるのではないでしょうか?8月中旬にはペルセウス座流星群のピークを迎えます。流星を見る際のポイントとしては放射点だけを見るのではなく、全天をボーッと見るようにすると見つけやすいですよ!山や高原は朝方にかけて冷え込みますので、上に羽織るものを持っていきましょう!レジャーシートなんかに寝転ぶと快適かも……

新月記事第3夜では、固定撮影の実践・応用と処理についてご紹介したいと思います。
IMG_0535-3.lr

 

タイムラプス撮影

タイムラプス撮影(インターバル撮影、微速度撮影とも言います。)とは、一定間隔で連続して撮影する方法のことをいます。タイムラプス撮影した写真をつなぎ合わせて動画にすると長時間の変化を短い動画(タイムラプス動画)にすることができます。最近ではYouTubeなどにも多くの動画が上がっています。比較的簡単な撮影方法で印象的な動画ができることが魅力の一つです。
固定撮影の基本、カメラ、三脚、タイマーリモートコントローラーがあればタイムラプス撮影をすることができます。(→第2夜 ~固定撮影について
星空のタイムラプス撮影であれば、バルブを数秒から1分、インターバルはバルブに対して最小(+1秒、撮影間隔1秒)を数十分以上撮影するといいと思います。撮影後は動画編集ソフトで撮影順に1枚当り0.1秒から0.2秒程度で再生できるようにするとタイムラプス動画の完成です。

int

 

ぐるぐるの作成

皆さんは星がグルグルと回った写真を見たことありませんか?通称「ぐるぐる」と呼ばれる写真です。一見、どのように撮っているかわからないかもしれませんが、これもタイムラプス撮影の延長線上にあるものです。撮影方法はタイムラプス撮影と全く同じ。撮影後の処理方法が違います。先ほどは動画にしましたが、こちらはぐるぐるに用いたい複数枚の写真を「比較明合成」と呼ばれる合成方法で合成し1枚の写真を作製します。このぐるぐるを作製するために用いるソフトウェアとして有名なのが「SiriusComp」です。これはぐるぐるを作製するためのフリーソフトで、ぐるぐる作成ついでにタイムラプス動画まで作れるのでお勧めです。操作方法もシンプルですので、PC操作が苦手な方でも簡単に作れると思います。

mineyama.ori
霧の影響で空が明るくなっています。地上部分の明るい軌跡は車が動いた跡です。
☆彡撮影データ☆彡
Canon EOS70D,SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC
f3.5,ss60[s],10mm,ISO-2000,108枚比較明合成
ソフトフィルター装着
撮影地:峰山高原

 

風景部分は照らしてもいい??

星と一緒に地上の風景を写すと、景色は暗くインパクトに欠けることが多々あります。撮影中に下の風景を照らしてしまえば簡単に撮れることには撮れますが、第1夜でもご紹介したマナーに違反してしまいます。過去に、とある写真家の方が風景を大型照明で煌々と照らした写真を公開し、多くの方から批判されたことがあります。個人がSNSにあげた写真でも同様です。そこで、風景を明るく写す方法として以下のようなものがあります。
・車が通り過ぎる時に撮影する。
・街灯の近くで撮影する。
・月明かりがあるときに撮影する。
・地上部分と星空部分の露光時間を変えて合成する。
など工夫すれば撮影することは可能です。
どうしてもこの風景と撮りたい!という場合には必ず他の方々に一声かけるようにしましょう。

New3.lr 夏らしいものを撮ろうとしたのですが、霧が出てしまいぼやけてしまいました。撮影中に天気が崩れると撮影失敗…ぐるぐるの難しいところです。
☆彡撮影データ☆彡
Canon EOS70D,SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC
f3.5,ss60[s],10mm,ISO-2500,18枚比較明合成
撮影地:蒜山高原

いかがでしたでしょうか?皆さんも是非ぐるぐる撮ってみてくださいね!
次回(9月1日)は固定撮影の応用編第2弾「人工衛星を撮ろう」です。お楽しみに!!