第10回 新月が地球・太陽と織りなす天文現象

こんばんは!新月の夜がやってきました。
今夜は地球の反対側、南米を中心に金環日食が起きています。満月のときに月食が起こることはよく知られていますが、新月のときに日食が起こることはあまり知られていないでしょう。それは、月食は月が出ているところ(地球の半分)で見られるのに対し、日食は月の影が地球に届いているところでしか見られないため、それほど意識されないからではないでしょうか?
無題の図形描画 (5)

月が地球に近いと皆既日食、遠いと金環日食となります。
(金環日食・皆既日食のどちらでもないぎりぎりの日食を金環皆既日食と言います。)

日食(月食)が新月(満月)の度に必ず見えるとは限りません。満月記事にもありましたが、覚えていますでしょうか?
それは、地球の公転軌道に対し、月の公転軌道が約5度傾いているためでしたね。
地球と月の公転面

さて、先日の満月記事でも日食について触れられていましたが、せっかくなのでもう少し触れておきましょう。

ベイリー・ビーズ

ベイリー・ビーズ金環日食及び皆既日食、金環皆既日食の開始直前、終了直後に見られる現象です。1836年の日食時にイギリスの天文学者ベイリーさんが、欠け際に光がビーズの様にとぎれとぎれに漏れているのを見つけたため、ベイリービーズと名付けられています。
皆既日食のダイヤモンドリングは有名ですが、こちらの現象にも着目してみてください!
P1020160

日食で確かめられた一般相対性理論

皆既日食の際に星が見られるようになるのは新月記事でも紹介されていましたが、その星が見えることによってあることが確かめられます。それは一般相対性理論(一般相対論)です。一般相対論についてはここでは書ききれませんが、ここで予想されていたのは太陽の重力場により太陽の裏側にある星の光が曲げられ本来見えないはずの星が見えるといったものです。実際に1919年の日食時にこれが確かめられ、一般相対論が確かめられた現象の一つとなっています。
皆既日食 のコピー

いかがでしたでしょうか?日食はなかなか見ることができない現象ですが、日食に魅せられて世界各地を飛び回り、日食を撮影・観測する日食ハンターと呼ばれる方もいます。人を魅せてやまない天文現象「日食」。皆さんも一度はみてみてください。

次回は3月28日です。お楽しみに!

※今回は予告内容と異なる内容です。前回予告した内容はまた次号以降にご紹介します。

written by 打海将平

au×HAKUTO ローバー命名式&応援楽曲初披露LIVE潜入レポート

本日は月面探査レースGoogle Lunar XPRIZEへと日本から唯一出場するHAKUTOののローバー(月面探査車)の名称が発表されました。その命名式と、合わせて応援楽曲の提供を行ったサカナクションの新曲初披露LIVEの模様をお届けします!

 

開発状況のプレゼンテーションと新ユニフォームのデザイン発表、クラウドファウンディング開始の告知

まず始めにチームリーダーの袴田さんから、開発の状況を報告するプレゼンテーションがありました。

プレゼンテーションによると8月29日にフライトモデルのデザインを発表。KDDIを始めとした計24社のサポートを受けて現在開発中とのことです。XPRIZEに出場しているチームは現在HAKUTOを含め5チーム。インドのチームインダスとのロケット及びランダーを使用して月を目指すようです。

 

新ユニフォームを着た袴田さんとローバー
新ユニフォームを着た袴田さんとローバー

 

袴田さんが着ているユニフォームは今回発表された新しいもので、サポ―ティングカンパニーに加わったスノーピークによるデザイン。袴田さん曰く「機能性にもすぐれて着心地のよいユニフォームになった」とのことです。

そして打ち上げの相乗り先が変更になったことなどにより更なる資金調達を目指してクラウドファウンディングを開始することを発表しました。

リターンとしては新ユニフォームやローバーに直接名前を印字できる権利、ローバーのモックアップ品が用意されているようです。

(詳しくはこちら⇒https://a-port.asahi.com/projects/hakuto/)

 

他にも応援楽曲を提供したサカナクションのメンバーとのトークセッションが行われました。今まで、CMで使われていた楽曲に歌詞をつけ、さらなる進化を遂げた応援歌になりました。今回初の試みだったのが、応援歌の名前を一般応募の中から選ぶということ。

後述する、今回命名されたローバーの名前と応援歌の名前が同じものということもポイントです。

 

サカナクションの山口さん
サカナクションの山口さん

 

ローバーの名前は「SORATO(ソラト)」

そして、HAKUTOのローバーの名称は「SORATO(ソラト)」と発表されました。

 

”「SORATO(ソラト)」とは、漢字にすると”宙の兎(うさぎ)”を連想できる、月の兎が宇宙へ飛び立つ様子を表現している、月面開発だけでなく、次のステージで広い宇宙惑星探査を担う名前になっている、「宙と(ソラト)」という読み方で。”宇宙と共に”という願いを込めている、親しみを持ってもらえるような名前。これらの5つの意味を込めて、本プロジェクトの夢と希望を表現している名前となっている。”

(プレスリリースより引用)

 

とのことで、サカナクションの同名の応援楽曲「SORATO」の歌詞にも注目です。

 

DSC00358
新曲の名称にもなった「SORATO」と、サカナクションのメンバー

打ち上げは2017年末

HAKUTOのローバーはフライトモデルの完成を春ごろをめどに予定しており、3~5月で最終試験、8月にはインドへ出発して12月28日にサディシュ・ダワン宇宙センターより打ち上げです。

月への道を、そしてGoogle Lunar XPRIZEの優勝へと着実進んでゆくHAKUTOを応援しましょう!

DSC00395

第19回 太陽を食べる月

皆さんこんばんは。
今月も、満月の夜がやってきました。まだまだ寒さが厳しいので、冬の星空を楽しむときはしっかり防寒をして下さいね!

さて、私は最近天文系のお仕事をされている方とお話しました。その方は、日食をたいへん好んでいて、海外の皆既日食や金環日食に何度も足を運んでいるそうです。「あれを生で見てもたら、もう抜け出されへんで!」と言われ、動画を見せていただきました。太陽が月に隠れている数十秒間にぞくぞくしました!ぜひ、生で見てみたいものです。

IMG_6583

【日食とは】
ところでみなさん、日食の仕組みについてはもうご存じですか?これを機会に、少し確認しておきましょう。

まず、日食「日を食べる」と書きますが、正しくは旧字体で日蝕「日を蝕(むしば)む」と書きます。日食とは、月が太陽を覆い隠し、まるで太陽がなくなってしまったかのように見える現象です。
太陽・月・地球の順番に並んだときに起こる現象なのですが、それぞれの大きさや距離により、“月”によって“日”の全範囲が蝕まれる皆既日食が見られるのは、ごく限られた範囲です。また、地球の公転軌道と月の公転軌道が微妙にずれているため、月の影が地球の表面上にくることは少なく、たいていは地球の外側に影ができます。

たとえ部分的であっても日本で日食が見られるのは、5年に1度あるかないかのたいへん稀なことなのです。

【日食の新しい楽しみ方】
ここで1つ、先ほどの天文のお仕事をされている方から教わった、日食の新しい楽しみ方をご紹介します。

月が太陽を隠すということは、もちろん太陽の光が遮断され、空が暗くなるということを指します。欠けていくにつれ、明るい星たちがぼんやりと見えてくるのですが、ここで見える星たちが日食の時にしか味わえないものです!
…というのは、私たちが見ている星たちは、その季節の星々です。今の時期であれば、夜オリオン座やこいぬ座などの冬の星座が見られ、夕方には秋の星座から明け方には春の星座が少し見られるかと思います。

日食は太陽が昇っている間に起こる現象なので、昼間。ということは、太陽が隠れて暗くなった時、見える星たちは夜の間見えない星たち、季節が逆転した星たちなのです!冬にさそり座やこと座や、はくちょう座など夏の星座が見られるなんて、なんだか神秘的ですね。

【まとめ】
次に日本で部分日食が見られるのは2019年です。地球全体に目を向けると2017年2月26日チリやアルゼンチンなどの国で金環日食、2017年8月21日アメリカ合衆国で皆既日食が見られます。直接現地には行けなくても、中継やニュースなどでチェックする方法はたくさんあります!是非、「太陽を食べる月」の感動を味わってみて下さい!その時は、欠けていく太陽だけでなく、周りの星たちも見てみてくださいね!

【what’s 満月記事】
TELSTARは日本で皆既月食が2度見れる2018年を“W皆既月食year”と名付けました。
私たちは日本中の皆さんが、月に様々な思いを巡らせて見上げられるように満月記事をお届けしてまいります!!

参考:http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/