第13回 機材の保管と管理

こんばんは!新月の夜がやってきました。
いよいよ梅雨本番。ジメジメとした日々が続き、天気もよくない上に夏至前後で夜の時間も短く、星を見るうえではあまり適さない時期です。
hatitoudera

梅雨入り後の晴れ間に@岡山県備前市

そのような事情もあり、今の時期は多くの人が機材のメンテナンスや修理を行います。メンテナンスをする機材がなくても今の高温多湿の環境下ではカビに注意しなくてはなりません。

しばらく使用していないレンズやカメラにはたまにカビが生えることがあります。レンズの内側にカビが生えてしまうと極めて厄介です。そうならないために、レンズ・カメラの保管方法を一度見直してみましょう。

カビをはやさないために最も重要なのが、「湿度を管理する」です。レンズ・カメラを保管するのに適しているといわれているのが30~50%です。しかし、日本は年間を通して平均湿度が70%を下回る地域が少ないうえに、梅雨の時期には平均湿度が80%を超えるところもあります。梅雨から夏の時期は気温もカビが好む温度に近いため、より注意が必要です。

梅雨は星空の写真をほとんど撮ることができません。そこで、メンテナンスする機材もないとなると暇ですよね?そこでお勧めしたいのが機材の自作です。天体写真は売られているものだけでは(値段的にも)カバーできないことも多々あります。そこで多くの方が自作されているのですが、最も汎用性が高いのがフードと第7夜でも紹介した「バーティノフマスク」です。バーティノフマスクはピントを合わせるうえでとても便利なもので、この機会に自作されてみてはいかがでしょうか?
bar

次回の新月は7月23日です。お楽しみに!

「月が生み出す力」

皆さんこんばんは。今月も、満月の夜がやってきました。梅雨入りし、天体観測には大敵の悪天候が続く季節になってきました。ただ天の川はもう見頃になりました!夜はまだ冷えるので防寒はしっかりしてくださいね!

【潮汐力】
さて、今夜お話するのは題名の通り、月が生み出す力「潮汐力」です。
「潮汐力」とは、一般的に物体間に重力が作用するとき、重力源に近い側と遠い側で異なる重力によって物体を変形させようとする力です。地球にかかる潮汐力は、太陽・月・地球が一直線に並んだとき大きくなります。つまり、満月と新月のときですね。その時、海水は大きく歪み「大潮」と呼ばれる状態になります。

IMG_4712

この「潮汐力」は、わたしたちの生活に様々な形で大きく関わっています。
例えば、1番目に見えて分かりやすいのは海の満ち引き(干満)です。海釣りをする人であれば、釣れる量を左右する要因の1つのため、常に気にかけているものでしょう。これは、まさに海水が潮汐力によって月の方向に引きつけられて起こる現象です。
珊瑚や魚やウミガメの産卵が満月の日に行われることも潮汐力やそれによる干満が理由の1つとなります。水面が最高のときに産卵し、水面が下がり海水が引いたときに卵を海流によって撒いてもらうためだったのです。
また、潮汐力が引き金となって起こる地震もあると言われています。プレートの沈み込みの境界で発生したM5.5以上の2027回の地震について、地球潮汐によってプレートに加わる力と地震さ発生の関係を調査したという話があります。結果、潮汐による力が断層の滑りを助ける方向に働いているときに地震の発生の頻度が高いことがある研究結果には出ているそうです。月は、地震さえも誘発するほど大きな力を持っているのですね。

【まとめ】
月と地球が引き合う力が、私たちの生活に良い影響も悪い影響も与えているんですね。それだけ、月が私たちに大きく関わっているということです。今月も、月に思いを馳せてみて下さいね!

ではまた、満月の夜に。