新月記事 第16夜 番外編OSIRIS REx(オシリス・レックス)の地球スイングバイ

こんばんは。
いよいよ秋本番といったところでしょうか?

更新が遅くなってしまいました…
言い訳をすると今回の内容に関しての検証に時間がかかってしまったためです。

新月ではないので今回は番外編!

突然ですが、皆さんOSIRIS REx(オシリス・レックス)という名前を聞いたことがありますか?
日本ではあまり知名度が高くないようにも感じますが、アメリカ版ハヤブサといわれることもあります。日本ではやぶさと言えば小惑星探査機・サンプルリターンなどを思い浮かべると思いますが、オシリス・レックスも小惑星探査・サンプルリーターンのミッションを行う探査機です。
つまり、今ははやぶさ2、オシリス・レックスの2機が別々の小惑星に向かっていることになります。

kitaamerika.tri

北アメリカ星雲



そんなオシリス・レックスが9月23日に地球スイングバイ(地球の引力を用いた軌道変更、加速)を行いました。
その地球スイングバイでははやぶさ2の地球スイングバイと同様に、観測キャンペーンが行われました。

私もそのキャンペーンに便乗して観測を行いました。
明るさの予想は11等前後と暗く、観測を行う人は巨大な望遠鏡を用いる中、私はカメラレンズ(sigma APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM)で撮影を試みました。

結果は。。。恐らく撮影成功と思いきやの失敗。。。
軌跡が暗く不明瞭なため私一人では判断できませんでしたが、同様に撮影を行っていたお二方から写っていると判断を得ました。しかし!日本惑星協会さんに確認して頂いたところ、撮影時に参考にした地点と実際の通過位置に大きな誤差がありました…なので撮影そのものは失敗です…下の写真はそれと思われた軌跡でしたが、異なるようです。

osirisrex
osirisrex2

2017.09.22 22:35
SXP, Eos kiss x7i(mod)
sigma APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
200mm, ss60[s], f2.8, iso12800


しかし、惑星間を航行する探査機を地上からカメラで捕らえることができることに違いはありません。実際に、何人かの方々の観測成果が報告されています。このようなことは、地球スイングバイの時くらいにしかない非常に珍しいことです。
はやぶさ2の時も多くの方々が観測されていましたが、今はもう素人が持っている機材では到底撮影できるものではありません。

皆さんも、はやぶさ2だけではなく、OSIRIS REx(オシリス・レックス)のミッション成功と新たな発見を首を長くして待ってみませんか。

地球 帰還予定
はやぶさ2:2020年末
OSIRIS REx(オシリス・レックス):2023年

それではまた新月の夜に…

written by Shohei Utsumi

第25回 月へ向かう

皆さんこんばんは。今月も、満月の夜がやってきました。
9月に入り、うろこ雲の下たくさんの種類の蜻蛉が飛び交う季節になりました!秋の星座が見頃を迎え、空も澄み、天体観測をより楽しめるのではないでしょうか。

さて、今夜お話するのは、進歩する日本や世界の月面探査についてです。

【SLIM】
IMG_8672
(月探査情報ステーションHPより)

現在、日本の宇宙開発研究機構(JAXA)は月面着陸機「SLIM」を宇宙におくる準備の最中です。
(SLIMについての記事は満月記事第14回http://spacemgz-telstar.com/3621をご覧ください)
SLIMは以前、2019年度に小型固体燃料ロケット「イプシロン」で打ち上げる予定でしたが、効率化を図るために1年遅らせることになりました。2020年度にH2Aロケットで打ち上げられるX線天文衛星代替機との相乗りによって、50億程度の費用が抑えられることになります。
その費用が他の研究にあてられると、さらに宇宙開発は進んでいくと期待できますね!

【Google Lunar XPRIZE】
Google Lunar XPRIZEとは、XPRIZE財団によって運営されるGoogleがスポンサーについている世界初の月面探査レースです。
ミッションは3つ。
1.月面に純民間開発ロボット探査機を着陸させること。
2.着陸地点から500m以上移動すること。
3.高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。
メインミッションを最も早く達成したチームには2000万ドル、2番目に達成したチームには500万ドルが、また、アポロの着陸地点やその他記念すべき地点に到達したチームには、ボーナス賞金が贈られます。
日本から唯一参戦するチームHAKUTOがファイナリスト5チームのうちの1つに選ばれています!2007年9月に立ち上げられたGoogle Luner XPRIZEに2008年4月にチームエントリーしました。以来、研究・実験・改良を重ね、2013年12月エンジニアリングモデル完成、2015年10月にはプレフライトモデル3が完成、2016年8月には実際のミッションに最適化したフライトモデルデザインが発表されました。
IMG_8670
HAKUTO HP:https://team-hakuto.jp
このミッションにより、世界の月面開発が刺激され、さらなる技術向上が期待されています!

(HAKUTO HPより)

HAKUTOはインドのロケットの相乗りで2017年12月28日に打ち上げ予定です。私たちTELSTARはそれまでの間、満月記事でHAKUTO応援記事を連載していきます!

ではまた、満月の夜に。

参照:http://www.isas.jaxa.jp/home/slim/SLIM/toppupeji.html
https://team-hakuto.jp/index.html