第18夜 太陽系外から来た天体!?

こんばんは。新月の夜がやってきました。
もうすっかり冬らしくなりましたね。冬の星座もすっかり見ごろとなりました。

今日は宇宙のお話...

皆さんは10月19日にハワイ・パンスターズ望遠鏡によって発見された小天体「C/2017 U1」(仮符号)をご存知ですか?
この仮符号は彗星と思われたため頭文字にCometのC、発見年の2017、10月16日以降に見つかった1つ目の小天体(彗星)という意味です。
その後、尾などの彗星活動が見られないことから小天体「A/2017 U1」と仮符号が変わりました。

この天体を詳しく調べると太陽系外からやって来たらしいということになり、観測史上初となる「太陽系外から飛来した天体」を観測したと大きなニュースとなりました。ここまでは耳にした人も多いと思います。

その後も詳しい観測が続けられ、太陽系内の天体であるなどの疑いの目が向けられましたが、観測史上初の恒星間天体(太陽系外から飛来した天体)として認められたのです。
国際天文学連合(IAU)は11月7日にこのような恒星間天体に対する新たな仮符号として「I」を使うこと、この小天体を「1I/2017 U1」と改め、名称はハワイ・パンスターズの研究チーム推薦のハワイ語に由来する「Oumuamua(オウムアムア)」とすることを決めました。

こと座のほうから飛来したこの天体は、今現在、ペガスス座の方向へ高速で飛び去っています。果たしてこの天体の正体は何だったのか?どの恒星系から飛来してきたのか?これからの観測成果を期待するとともに、考えれば考えるほど宇宙の面白さを感じずにはいられません。

oumuamua

NASA/JPL-Caltech/IAU


皆さんも夜空を眺める際は、何か一つ思いを馳せてみてみてはいかがでしょうか?
もしかしたら、何か見る目が変わるかもしれませんよ!

それではまた新月の夜に...

参照:
MPEC 2017-V17 : NEW DESIGNATION SCHEME FOR INTERSTELLAR OBJECTS
http://www.minorplanetcenter.net/mpec/K17/K17V17.html

月へ向かうPart2

皆さんこんばんは。今月も、満月の夜がやってきました。
秋も深まり、だんだんと肌寒くなってきましたね。夜には、すでに豪華な冬の星たちも綺麗に見えています。オリオン座やカシオペヤ座、すばると呼ばれるプレアデス星団などは、みなさん馴染みのある星座ではないでしょうか。帰り道にぼーっと見上げるのも良し、友達や恋人や家族と話しながら眺めるのも良し、望遠鏡やカメラを使ってみるのも素敵ですね。

さて、今夜からは先月の予告通り、チームHAKUTOの応援記事としてお送りします!

まずはじめに、Google LUNAR XPRIZEのミッションについておさらいしましょう。
1.月面に純民間開発ロボット探査機を着陸させること。
2.着陸地点から500m以上移動すること。
3.高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。
そのGoogle LUNAR XPRIZEに日本から唯一参加したチームHAKUTOは、予選を通過し、2017年1月に発表された最終フェーズに進む5チームに選ばれました!
今夜はチームHAKUTOが運用する探査車“SORATO”の工学的魅力、工学的強さをご紹介します!

DSC00387

1.超小型、軽量
宇宙への打ち上げには莫大な費用がかかります。また、それは重量にほぼ比例して上がり、予算が限られた中ではいかに軽量化するかが重要になってきます。そのためSORATOには、日本
の得意分野”小型化”の技術がふんだんに使われています。
ボディのサイドに搭載されているソーラーパネルもその1つ。充電可能なため、より長時間運用することができます。また、ボディにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)という軽くて強い素材を多用することで、軽量化を実現しています。

2.月の環境に耐える構造
月の昼と夜、つまり太陽の光が当たっているときと当たっていない時の表面温度差は、250度を超えます。そのため、ボディの外面を銀テフロンにするなどたくさんの工夫を凝らし、ローバーを熱から守っています。
また、月面はレゴリスと呼ばれる細かく鋭いパウダー状の砂で覆われています。その地面でスリップせずに効率よく走らせるために、ホイールは改良を重ねられています。

いかがでしたか?ここで紹介したものたちは、まだまだごく一部です。
探査車SORATOは今年の12月28日に打ち上げられます。これからのチームHAKUTOの活躍に期待しましょう!

(参考)https://team-hakuto.jp/