第30回 月をいつ見るか その2

皆さんこんばんは。今月2回目の満月の夜がやってきました。

せっかくの1か月に2回の満月がある、ということで今月は2回に分けた続き物の記事を執筆させていただいています。

前回のあらすじを3行でまとめると

 

・お月見=満月のイメージってあるよね!

・でも月のクレーターなどの迫力ある立体的な地形を見たいなら、実は満月の時期が最適というわけでもない!

・じゃあいつなのか?ぜひここから1か月見比べてみよう!

 

といった流れでしたが、みなさん様々な形の月を見比べていただけたでしょうか?

 

さて、月の地形を立体的に観察するにはいつごろの月齢がいいのか、ということを考えるために、モノを立体的に見ることについて考えてみましょう。

 

みなさんは絵を描くときに、より絵を立体的に見せるためにはどうしますか?いろいろ手法はあると思いますが、1つ「影をつける」という手があると思います。影や明暗の存在は、モノをより立体的に見せてくれます。

 

つまり、月の地形においても、月のクレーターや山脈の影が長く伸びている方がより地形が迫力ある立体的な姿になるわけです。

満月の時は、月の真正面、月面上の視点だと頭の真上から太陽が当たります。すると影は短く、目立たなくなります。

 

????????????????????????????0??????

 

ちょうど夏の日の昼の地上にある影のような短さですね。逆に太陽が横からあたるような状況での、朝・夕方の地上にあるような長く伸びた影だとよく目立ってくれます。

 

月面の中で太陽が横から当たっている場所は、ちょうど欠け際の部分に相当します。つまり、月の欠け際の部分こそが月面の地形がより迫力ある姿で見える場所になります。

 

つまり、見たい地形が欠け際付近に来ていればいつでもいいわけですね。

ただ、見たい地形がどこにあるかなんてわからない!という方も多いと思います。

それならば、まずは月面中央~南部のクレーターや山脈が密集した地形が立体的で楽しめるかと思います。

ここが欠け際になるのは、上弦・下弦の月とその前後の数日間ですね。この頃の月齢を1つ、推しておきたいと思います。

 

下弦過ぎ

とはいえ、他の月齢では別の独特の地形が欠け際付近で存在感を放っています。

立体感が失われた満月でも、真正面から太陽光を受けて輝くいくつかの地形は美しいものです。ぜひ、太陽光の当たり方に注目しながら、双眼鏡でも何でもいいのでいろいろな時期の月を眺めてみてください。

 

それではまた、次の満月の夜に・・・

(画像はTELSTAR関西支部のメンバーが撮影したものです)

【上級編】ASUSのスマホはここまで写る!!追尾撮影(星雲・銀河)

web titleスマホ(ASUS ZenFone3)で撮影

トップに戻る

「スマホで楽しむ宇宙の世界 」上級編。スマホ「ZenFone」を用いた追尾撮影と純正カメラアプリで星雲・銀河の撮影方法・作例をご紹介します!

作例・撮影方法について

天体写真の追尾撮影は「赤道儀」という機材を用いて星を追尾しながら撮影します。
スマホ側の設定は「【基本編】スマホで星を撮るためには?」、スマホアダプターと望遠鏡の接続は「【中級編】スマホで月を撮る!!」と同じです。
設定は全て最大となるシャッタースピード32秒、感度(ISO)3200です。
追尾撮影についてはページ下「新月記事」リンク先よりご覧ください。
本記事では赤道儀「SXP赤道儀」、望遠鏡「ED70SS」「ED103S」、スマホアダプター「スマートフォン用カメラアダプター」を用いて撮影を行いました。
画像は一眼レフ撮影時同様の画像処理を行っています。

P_20171221_002137_vHDR_Auto.dngC追尾撮影中の風景(ZenFone3で撮影)

作例

吉田さん処理オリオン大星雲(ZenFone4で撮影)

m42-FL.lrCオリオン大星雲(低倍率)(ZenFone4で撮影)

New1-FL.lr-2Cアンドロメダ銀河(ZenFone4で撮影)

batou-FL.lrC馬頭星雲(ZenFone4で撮影)

 M33-FL.lrCさんかく座銀河(ZenFone4で撮影)

New1-FL.lrCプレアデス星団(ZenFone4で撮影)

m45-FL.lrプレアデス星団(低倍率)(ZenFone4で撮影)

 
ボーデ-FL.lr.lrボーデの銀河(ZenFone4)で撮影

一眼レフでも短時間では撮影が難しい淡い部分が、スマホで撮影できる ことがご理解いただけたでしょうか?
これらは全て32秒、ISO3200と一眼レフのように長時間での撮影(露光)ができていません。アプリ側で更なる長時間撮影ができるようになればさらに淡い星雲まで撮影できるようになるでしょう。

使用機材

SXP赤道儀:https://www.vixen.co.jp/product/25121_6/
ED70SS:限定生産品
ED103S:https://www.vixen.co.jp/product/2609_04/
スマートフォン用カメラアダプター:https://www.vixen.co.jp/product/39199_8/

本記事ではSXP赤道儀を扱っていますが、ビクセンからは「ポラリエ」、「AP赤道儀」、「APフォトガイダー」など手軽に楽しめる赤道儀があります!最初はスマホから、、いずれは一眼レフで撮影したいという人、必見です!
ポラリエ:https://www.vixen.co.jp/product/35505_1/
APフォトガイダー:https://www.vixen.co.jp/product/39989_5/
AP赤道儀:https://www.vixen.co.jp/product/39973_4/

追尾撮影について

追尾撮影は天体写真の撮影の中でもハードルが高く、難しい印象があり ますが、実際に行ってみると簡単です。また、撮影できる幅が広がり、撮影できる天体も増えます。追尾撮影については新月記事第6夜~8夜、17夜に掲載しています。是非ご覧ください!
新月記事第6夜 追尾撮影の準備と実践(広角):http://spacemgz-telstar.com/4046
新月記事第7夜 追尾撮影の準備(望遠撮影編):http://spacemgz-telstar.com/4143
新月記事第8夜 追尾撮影(望遠) 実践:http://spacemgz-telstar.com/4259

<【中級編】スマホで月を撮る!!

スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~ トップに戻る

【基本編】天体観測おすすめグッズ&アプリ【3月公開予定】>

(打海将平)

協賛・協力企業

VixenLogo2004-M 株式会社ビクセン
ASUS JAPAN ASUS JAPAN株式会社
title 天体写真家 吉田隆行 氏

 

【中級編】スマホで月を撮る!!

web titleスマホ(ASUS ZenFone3)で撮影

トップに戻る

このページではスマートフォン「ZenFone」を用いて月を撮影する方法をご紹介します!
※このページ内にある画像は全てビクセン製「ポルタII A80Mf」、「スマートフォン用カメラアダプター」を用いて撮影しました。
※ここでは望遠鏡などの詳細な操作については説明を省きます。

月を撮るためには

月を十分な大きさで撮影するためには望遠鏡が必要です。家の物置や押し入れの奥に天体望遠鏡が眠っているという人は案外多いもの…この際、望遠鏡とスマホを用いて月を撮影してみましょう!
望遠鏡を組み立てたらピントを合わせて、目でのぞく部分(接眼レンズ)にスマホのカメラを当てて撮影します。この撮影手法をコリメート撮影と呼びます。
この際、カメラの設定は「オート」でも問題ないこともありますが、マニュアル設定で撮影を行うとよりきれいに撮影できます。
「1.【基本編】スマホで星を撮るためには?」での星空撮影をする際の設定とは異なり、
・ISO感度:50~200程度
・シャッタースピード:1/100 ~1/500秒程度
に設定します。月の満ち欠けによって適正な設定は異なるので適宜変えていきましょう!
コツとしては「明るすぎず、暗すぎず」です。

月、オートマニュアルオート撮影時とマニュアル撮影の比較(例)
ZenFone4で撮影、スマートフォン用カメラアダプター使用
 マニュアル(ISO-50、シャッタースピード1/320秒)

P_20180227_010827_099CZenFone3で撮影、スマートフォン用カメラアダプター使用
マニュアル(ISO-200、シャッタースピード1/200秒)

綺麗に月を撮影する方法

実際にやってみると、接眼レンズにスマホのカメラを当てるのは、なかなか難しい作業です。そこでお勧めなのがビクセンの「スマートフォン用カメラアダプター」です。多くの接眼レンズに対応しており、しっかり固定できるため、ブレを防げます。綺麗に撮影するためには必須アイテムです!

39199_8-C001ビクセン スマートフォン用カメラアダプター
 (ビクセンHPより)

スマホアダプタ取り付け例スマートフォン用カメラアダプター装着例
(ZenFone4装着)

(打海将平)

望遠鏡等 使用機材

・Vixen ポルタII A80Mf
https://www.vixen.co.jp/product/39952_9/
・Vixen スマートフォン用カメラアダプター
https://www.vixen.co.jp/product/39199_8/


<【初級編】ASUSのスマホはここまで写る!!三脚固定撮影・星空編

スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~ トップに戻る

【上級編】ASUSのスマホはここまで写る!!追尾撮影(星雲・銀河)>

協賛・協力企業

VixenLogo2004-M 株式会社ビクセン
ASUS JAPAN ASUS JAPAN株式会社
title 天体写真家 吉田隆行 氏

 

【初級編】ASUSのスマホはここまで写る!!三脚固定撮影・星空編

web titleスマホ(ASUS ZenFone3)で撮影

トップに戻る

1章、2章で扱ってきた内容を踏まえ、スマホ「ZenFone」はどこまで撮れるのでしょうか?
実際に筆者が撮影した作例の一部をご紹介します!
1. 【基本編】スマホで星を撮るためには?
2. 【初級編】100円ショップの三脚とスマホだけで星を撮ろう!

作例について

撮影方法は100円ショップのスマホ三脚にスマホを固定し、撮影しました。
詳しい撮影方法は「1.【基本編】スマホで星を撮るためには?」をご覧ください。

作例集

P_20180317_042411_vHDR_On.lr夏の天の川
 ZenFone3で撮影

ZenFone3星空ZenFone4でオリオン大星雲を撮影中
 ZenFone3で撮影

P_20180317_213928_vHDR_On.dng - コピー冬の大三角
 ZenFone3で撮影

Photo editing_Cloud20171225C冬の大三角
 ZenFone4で撮影

P_20171217_005941_vHDR_Auto.dng友人と記念撮影
 ZenFone4で撮影

P_20171221_002137_vHDR_Auto.dngCZenFone4でプレアデス星団を撮影中
 ZenFone3で撮影

カシオペア・天の川.lrCカシオペア座と秋の天の川
 ZenFone3で撮影

ご覧のように夏の天の川だけでなく、一眼レフでも淡くしか撮れない秋の天の川もはっきり撮れていることがわかります。一眼レフでなくても星空の撮影を楽しめることがお分かりいただけましたでしょうか?
次の「3.スマホで月を撮る」では望遠鏡にスマホを固定し、月を撮影する方法をご紹介します。

(打海将平)

< 【初級編】100円ショップの三脚とスマホだけで星を撮ろう!

スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~ トップに戻る

【中級編】スマホで月を撮る!! >

協賛・協力企業

VixenLogo2004-M 株式会社ビクセン
ASUS JAPAN ASUS JAPAN株式会社
title 天体写真家 吉田隆行 氏

 

【初級編】100円ショップの三脚とスマホだけで星を撮ろう!

web titleスマホ(ASUS ZenFone3)で撮影

トップに戻る

1.スマホで星を撮るためには? で紹介したことを踏まえ、このページではスマートフォン「ZenFone」で星空を実際に撮影する方法についてご紹介します!

三脚にスマホを固定する

三脚にスマホを固定するということは星を撮る上でとても重要なことです。スマホ三脚は100円ショップのものでも大丈夫です。付属のアダプターは通常のカメラ三脚と互換性があるものも多く、画像のように取り付けることも可能です。

 スマホ画像 - コピースマホ取り付け例
左:100円ショップの三脚
右:カメラ三脚に100円ショップのアダプターを取り付け

星座・星を撮る

まずは星空にスマホを向けて好きな星座や、星々を撮影してみましょう。星だけが写った写真を一般的には「星野写真」と呼びます。夏の大三角や明るい星の多い星座を写すと印象的な写真になります。

P_20180317_213928_vHDR_On.dng - コピー冬の大三角(ZenFone3で撮影)

風景と一緒に撮る

風景と星空が一緒に写った写真を一般的に「星景写真」といいます。星景写真は星空だけでなく、どのような風景を写すか決めて撮ります。例えば花であったり、木々、建物など、なにか印象的なものと一緒に撮ると良いでしょう。一緒に星を観に来た友人や、自分自身を風景に入れて撮るのも思い出に残る写真となります。

P_20180317_042411_vHDR_On.lr夏の天の川(ZenFone3で撮影)

P_20171217_005941_vHDR_Auto.dng友人と一緒に記念撮影(ZenFone4で撮影)

ISS(国際宇宙ステーション)を撮る

ISSは日本の宇宙飛行士も滞在することなど、ニュースで耳にしたり、実際に夜空の中で見たことのある方も多いのではないでしょうか?そこで、画像のような軌跡として撮影してみましょう!まずは、『JAXA 「きぼう」を見よう』のウェブページでいつどの方角に見えるかを調べます。あとは予報の時間にスマホを三脚に固定し、撮影に挑戦してみましょう!動きがわかるように続けて何枚も撮るのがおすすめです!

外部リンク:JAXA 「きぼう」を見よう:http://kibo.tksc.jaxa.jp/

 20180115ISS.zenfone4.si ISSの比較明合成写真(ZenFone4で撮影)
(※比較明合成はPCにて行いました。)

(打海将平)

<【基本編】スマホで星を撮るためには?

スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~ トップに戻る

【初級編】ASUSのスマホはここまで写る!!三脚固定撮影・星空編>

協賛・協力企業

VixenLogo2004-M 株式会社ビクセン
ASUS JAPAN ASUS JAPAN株式会社
title 天体写真家 吉田隆行 氏

 

【基本編】スマホで星を撮るためには?

web titleスマホ(ASUS ZenFone3)で撮影

トップに戻る

このページではスマートフォン「ZenFone」で星空を撮影するための準備~操作の基本をご紹介していきます!

星空を撮影するために

星空観望会で夜空に手持ちでスマホやカメラを向けている方々をよく目にします。しかし、手持ちでは一眼レフカメラでも星空を十分に撮影することはできません。星空を撮影するためには「三脚」が必要になります!三脚は100円ショップのスマホ用三脚でもOKです。あとは、100円ショップでライトと赤色セロファンを買いましょう!白色のライトは星空を撮影する暗闇では眩しく、星が見えなくなってしまいます。白色ライトに赤色セロファンを巻き付けて赤色ライトにするだけで、暗闇でもまぶしくありません!

IMG_9901.lr ・必要なもの
 スマホ、三脚、赤色ライト

カメラアプリの設定をする

星空を撮るためにはカメラアプリ側でも設定が必要です。オートでは星空を十分に撮影できません。設定といっても難しくはありません。以下の4ステップをしっかり設定していきましょう!
①モードをマニュアル(Pro)に変更
②シャッタースピード「S」を基本最大(画像では32s(秒))
③感度「ISO」を基本最大(画像では3200)
④フォーカスモードをマニュアル「MF」にして、無限遠「山マーク」に合わせる

この4ステップでカメラアプリの設定は完了です!
あとは、手ぶれを防止するためにセルフタイマーを2秒~5秒に設定することをお勧めします。

 方法 - コピー設定方法

スマホを夜空に向ける

三脚で固定したスマホを夜空に向けてシャッターを押します。ほとんどの場合、スマホの画面は真っ暗です。しかし、シャッターを押した後、撮影中はスマホに触れてはいけません!じっと我慢をして待ちましょう。撮影が終わり、写真フォルダーを見ると多くの星々は写っているはずです!

 IMG_0645 - コピー三脚にスマホを取り付けた様子
左:カメラ三脚+100円ショップのアダプター
右:100円ショップの三脚

なんだか物足りない??

撮ってみると実際の星空よりも星が少ない…そう思った方もいるのではないでしょうか?少し難しい話になりますが、JPEG画像として保存する際、実際の写りから大きく変わることがあります。
その対策として、一眼レフカメラ同様「カメラセンサーのデータをすべて保持している」RAW画像としての保存をします。そうすることにより、おおよそ見た目通りの画像を保存することができます。以下の画像はRAW保存した画像とJPEG保存した画像の比較です。RAW保存の方がより淡いところまで残せていることがわかります。
RAW保存ですが、ASUSのZenFone3、ZenFone4は純正のカメラアプリでRAW形式で保存をするよう設定することができます。設定はカメラアプリの設定から「RAWファイルの保存」を選択するだけでOKです!保存時に、JPEG画像とRAW画像が同時に保存されます。
詳しい人なら「RAW画像は現像しなけらばならない」と思うかもしれませんが、SNSにアップする際などは投稿できるJPEGなどの画像形式にスマホ側で変換してくれます。
また、最初からインストールされているフォトエディターで画像処理(現像)をすることもできます。

JPEG_RAWRAW保存、JPEG保存の比較
(ZenFone3で撮影)

Screenshot_20180316-001626RAW設定画面

(打海将平)

スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~ トップに戻る

【初級編】100円ショップの三脚とスマホだけで星を撮ろう! >

協賛・協力企業

VixenLogo2004-M 株式会社ビクセン
ASUS JAPAN ASUS JAPAN株式会社
title 天体写真家 吉田隆行 氏

 

【宇宙高校生】第1歩:もしも君が

第1歩:もしも君が

もしも、私が宇宙で活躍する「宇宙飛行士」だったなら
もしも、私がロケットや人工衛星を作る「エンジニア」だったなら
もしも、私が月での暮らしを考える「建築家」だったなら
もしも、私が宇宙の謎を解き明かす「天文学者」だったなら

将来、自分が何になりたいか、何をしたいか
明確にはっきりと決まっている人はそれほど多くありません。
いろんな「もしも、」とその先を考え、
たくさん悩んで、悩んでやっと自分の進路を決めます。

この「もしも、」を一つでも体験できたら?
自分が本当にやりたいことが見つかるかも。

MoshiTen2017
https://www.astr.tohoku.ac.jp/MosiTen

2017年12月23日から29日の1週間。
高校生向けに東北大学・宮城教育大学・仙台市天文台が共同で開催している
合宿形式の天文学者体験講座が行われました。

「もしも君が杜の都で天文学者になったなら」
通称:「もし天」

もしもの将来を体験できるこのイベントに密着取材しました。
16人の高校生たちが1週間で天文学者になっていく様子と
その内容について全4回の連載でご説明します!

スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~

web titleスマホ(ASUS ZenFone3)で撮影

フリーマガジンTELSTAR18号掲載の「スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る~」WEB編!

誰しも、一度は星空の写真を撮影してみたいと思ったことがあると思います。でも、撮影するのはなんとなく難しそう…一眼レフカメラが必要だし…と思ってはいませんか?ページ上にある写真はスマートフォンで撮影した写真です!今回はスマホを用いた星空写真・天体写真撮影についてご紹介します。
本記事では特に星空を撮影することができるASUSのスマホ「ZenFone3」、「ZenFone4」と純正カメラアプリを用いて、スマホで星空を撮影する方法をご紹介していきます!


0. 【トップ】スマホで楽しむ宇宙の世界~スマホで星を撮る・WEB編~

1. 【基本編】スマホで星を撮るためには?

2. 【初級編】100円ショップの三脚とスマホだけで星を撮ろう!

3. 【初級編】ASUSのスマホはここまで写る!!三脚固定撮影・星空編

4. 【中級編】スマホで月を撮る!!

5. 【上級編】ASUSのスマホはここまで写る!!追尾撮影(星雲・銀河)

6. 【基本編】天体観測おすすめグッズ&アプリ【3月公開予定】

7. 【基本編】ASUS以外のスマホでも星は撮れる?【近日公開予定】


本記事はスマホで星が撮りたい!という全ての人のために、TELSTARだけでなく、「株式会社ビクセン」、「ASUS JAPAN株式会社」、天体写真家「吉田隆行 氏」からご協力を頂き作成しました。

(打海将平)

協賛・協力企業

VixenLogo2004-M【株式会社ビクセン】
ビクセンは、企業のビジョンとして「星をみせる会社になる」ことを掲げています。多くの方に星空に興味を持っていただき、いかに気軽に楽しんでいただけるかを考え実践することは、われわれにとっての課題です。スマホで輝く星々の美しさをとらえるという今回の企画は、星の魅力を多くの方が手軽に共有できる、たいへん面白い企画だと思います。これからもワクワクする楽しい企画を期待しています。


ASUS JAPAN【ASUS JAPAN株式会社】
ASUSは、パソコン、タブレット、スマートフォンなどのデジタルデバイスをはじめ、マザーボードなど高性能パーツを開発・販売する総合エレクトロニクスメーカーです。その優れた技術とデザインを認められ、2016年には世界で4,385の賞を受賞しました。日本においては2016年にWindowsタブレット、SIMフリースマートフォン、Androidタブレット、マザーボードといった販売実績において、国内シェア第1位※ を達成しています。
※「BCNランキング」をもとにした自社調べ。


title【天体写真家 吉田 隆行】
雑誌やテレビ等、様々なメディアを通じて、星空撮影の楽しさや天体撮影の方法を伝えています。ウェブサイト「天体写真の世界 (http://ryutao.main.jp/)」では、豊富な天体写真や撮影機材の選び方やレビューを紹介し、天体撮影ファンだけでなく、星空に興味のある方に広くご覧いただいています。

あとがき

【発起人:TELSTAR 関西支部 打海 将平】
この企画は星空写真をより身近なものにしたいという思いから始めました。星空・天体写真は、銀塩カメラからデジタルカメラへと移り変わったことで、より楽しみやすいものになりましたが、スマホでも十分楽しめるようになりつつあります。この星空の新たな楽しみをTELSTARは広めていきたいと考えています。

IMG_9940TELSTAR 打海(左)と天体写真家 吉田隆行 氏(右)

第29回 月をいつ見るか

皆さんこんばんは。今月も満月の夜がやってきました。

先月は満月が一度もありませんでした。満月から次の満月までは約29日半かかるのですが、他の月とは違って28日しかない2月のみ、一度も満月が起こらない可能性があるわけです。ただそれは可能性の話で、実際に2月に満月が起こらなくなる年は珍しいです。昨今は「スーパーブルーブラッドムーン」など珍しい月に対する造語が溢れていますので、何か「ひと月で一度も満月が起こらない」ことに対しても名前を付けたいですね。とはいえ実際の月を指すわけではないので難しい。「ブラックムーン」だと新月みたいですし…

その代わり今月は満月が2回訪れます。せっかくなのでその2回に分けて、月を観察する時期について書こうと思います。

さて、月は非常に観察しやすい天体です。大きな望遠鏡がなくても手作りキットの小さな望遠鏡でも、小さい望遠鏡がなくても手持ちの小さな双眼鏡でもゴツゴツしたクレーターの存在が確認できます。クレーターの他にも、月には長い山脈など立体的な地形がたくさんあります。それらの、より立体的で迫力ある姿を見るには、新月~満月の中でいつ頃の月を見るといいと思いますか?

一般的に「お月見」というと満月の夜のイメージがありますので、満月の時が見ごろのように思えますが、地形をより詳細に観察するとなると必ずしもそうとは限らないのです。

20080409_kaguya_01_j
画像: 月探査機かぐやの月面図

特に月の中央南寄りにはある程度の大きさを持つクレーターが密集しており、見ごろの時期に見るとその立体感と迫力に驚かされますが、満月の時に見てもその荒々しさはなかなか感じられません。

望遠鏡がなければ小さな双眼鏡でも大丈夫です。今夜の満月から次の満月記事の更新まで、ぜひいろいろな時期の月を見比べて、どのくらいの月齢のときが地形が見やすいか確かめてみてください。

次回の記事で、どの時期の月が、どうして見やすくなるかを詳しく紹介したいと思います。

ではまた、続きは次の満月の夜に。