facebooktwitterinstagram

bannar
メディア > 宇宙フリーマガジンTELSTAR > イベントレポート > 2019年度のTELSTAR感謝祭を開催しました!

2019年度のTELSTAR感謝祭を開催しました!

  • LINEで送る

こんにちは。今年度からTELSTAR副代表になった西川です。
10月20日に行われたTELSTAR感謝祭をレポートします!

TELSTAR感謝祭とは?

 感謝祭とは、毎年10月に、TELSTARがお世話になった協賛企業の方、一口宇宙飛行士の方、イベントに参加してくれた高校生、TELSTAR OBOGに直接、感謝を伝える場です。これからもTELSTARを応援していただけるように、1年間の活動報告と来年度の活動方針について報告しています。

2019年度の活動報告

 2019年度は、マガジンを3号発行し、累計発行部数は20万部を超えました!また、今年はTELSTAR主催のイベントである「TELSTAR cafē」を復活させました。資金状況やTELSTARのホームページの閲覧者数も安定した状況になっています!

グループワーク!

 グループワークでは「拝啓 青春の君に送る テルスター」というテーマで、参加者にに中高生の時の親友を紹介してもらい、その親友の興味に合わせたTELSTARの記事企画を作りました。各グループとても面白い企画を立てて発表し、会場をわかせてくれました!


TELSTAR新体制発足

 TELSTARは感謝祭をもって代替わりをします。2020年度の新体制が発足したので、新体制からのメッセージを紹介します。

関東代表 馬場 亮佑 

 日頃より、宇宙広報団体TELSTARを応援してくださり、誠にありがとうございます。
この度、宇宙広報団体TELSTAR2020年度代表となりました、馬場亮佑と申します。

今年度の団体の目標は
「宇宙のすそ野をさらに広げ、興味の芽を開かせる」
です。

 団体ができた7年前、宇宙に関するニュースが取り上げられることは今より少なかったと思います。しかし、昨今では宇宙ビジネスが活発になり、宇宙ニュースとして取り上げられることが多くなっています。時代が変わっていく中で、中高生が宇宙に触れ、宇宙に興味を持つきっかけは多くなりました。しかし、その興味は一時的なもので終わってしまう可能性があります。そこで、TELSTARの持つ中高生への宇宙広報を通じて、宇宙に興味がない人だけでなく、宇宙に少しでも興味を持った人に対して、その興味が持続させることができるよう活動をしていきたいと考えております。
 そのための活動として、幅広い分野から宇宙につなげた冊子制作を行うだけではなく、各種イベントの開催・参加やWEB・SNSでの宇宙情報の発信をより強化していきたいと考えております。さらに、宇宙広報活動とともにアンケート調査等を通じて、さらなる団体の発展を目指してまいります。
 
これからも、団体理念である「宇宙産業を日本の基幹産業に」の実現に向けて、邁進してまいります。今年度も宇宙広報団体TELSTARをよろしくお願いいたします。



関西代表 平井 星斗

 今年度に引き続き、来年度も関西支部の代表を務めさせていただきます。平井星斗と申します。
 TELSTAR関西支部はこの三年間、宇宙への興味を0 →1へすることに重きを置き、イベント出展やイベント主催をしてきました。最近はホリエモンロケットをはじめとする民間宇宙ベンチャーの増加や前澤社長の月旅行宣言をきっかけに、テレビや世間でも宇宙の話題が多くなってきており、宇宙ビジネスやイベントもどんどん増えてきていると感じています。そこで、去年までと同じく0 → 1という興味層へのアプローチは続けていきますが、今年度は1 → 10にもより力を入れ、活動していきたいと考えております。
 まだまだ未熟ではありますが、精一杯活動したいと考えています。これからも、TELSTAR関西支部をどうぞよろしくお願いします!


関東副代表 西川 俊吾

 TELSTARを応援してくださっている皆様、そしてTELSTARを読んでくれている皆様、いつもありがとうございます。
 今年度から宇宙広報団体TELSTARの副代表に就任致しました、西川俊吾と申します。
 私がTELSTARとはじめて出会ったのは5年前の高校1年生のときにみやこ祭(首都大学東京の学園祭)に行った時でした。それから、高校二年生の時にはTELSTAR主催のイベント「宇宙×高校生 100人サミット~私たちの月面基地計画~」で高校生実行委員を経験させていただきました。そして、大学生になり、メンバーとして加入して現在に至ります。
 長年、TELSTARに関わらせていただいた身として今回の副代表就任は大変光栄に思うとともに、今まで見てきた先輩方のご活躍の上に団体が成り立ってきているので、その礎をしっかりと継承し、発展させていきたいと思います。
 これからも中高生の宇宙への興味を0→1にできる様な魅力的なメディアの発信とイベントの開催を行っていきたいと思いますので、今後とも宇宙広報団体TELSTARをよろしくお願いいたします。


関東副代表 荘司 弘祐

 こんにちは、この度宇宙広報団体TELSTAR 2020年度副代表となりました荘司弘祐です。

 「将来宇宙に関わりたい!」

高校の頃、そんな思いを抱いていた私は何も迷うことなく理系を選択。探査ローバーに興味があったので工学系へ進学しました。
 しかし大学進学後、宇宙について自分で調べたり、イベントに参加して情報を得たりする中で、一見宇宙と関係のない生物学や医学、更には文系分野の心理学や経済、法律等、様々な切り口で宇宙と結び付けて研究している人やビジネスをしている企業が存在するということを知り、衝撃を受けました。

 「宇宙っていろんな関わり方があるのか!」

高校在学当時の自分は視野が狭く、多様な選択肢があることに気づくことができませんでした。

 「そんな高校生の視野を広くし、自分から調べるようになる“きっかけ”を届けたい!」

これがTELSTARで活動をする私の原動力です。
 そして、TELSTARの魅力は、理系文系だけでなく美術を専攻している学生も所属しているところです。「宇宙好き」と一口に言っても、みんなの「好き」のベクトルはてんでばらばら。
 だからこそ、私たちTELSTARは、あらゆる視点から「これ、おもしろい!」「わくわくする!」と感じたものを、勉強や部活、学校行事で忙しい中高生に伝えることができます。
 これからもフリーマガジンをはじめ、webサイト、SNSを通じて、時にはメンバー自身がメディアとなって、「宇宙広報」してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
より多くの中高生に届くことを願って。



関西副代表 橋本 雄也

 はじめまして。
 この度、宇宙広報団体TELSTAR関西支部 副代表に就任させていただきました橋本雄也と言います。
私は半年ほど前にSNSで「宇宙の興味を0から1に。」という理念で活動しているこの宇宙広報団体TERSTAR関西支部に出会いました。
 宇宙への興味の持ち方は人それぞれです。
 私の宇宙への興味の持ち方は漫画「宇宙兄弟」でした。そして宇宙について知識を得るにつれ宇宙の面白さを知っていきました。
 宇宙に興味のない人たち、宇宙の面白さをまだ知らない人たちに少しでも宇宙に対する興味、また面白さを知ってもらえるきっかけを作り宇宙の面白さを知る仲間を増やしたいという想いでこれからも活動していきたいです。
 そして、これからも皆様に面白い宇宙の情報を発信していきたいと思います。
 今後とも宇宙広報団体TELSTAR関西支部をよろしくお願いします。


関西副代表 種田 恭子

 日頃より宇宙広報団体TELSTARをご支援くださっている皆様、また応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。
 今年度より関西支部副代表を務めさせていただきます、種田恭子と申します。
 関西支部は昨年度も数多くのイベントを開催・参加させていただき、今年で4年目を迎えます。
自分が高校生の頃には関西での宇宙イベントが関東に比べて少なかったことが寂しく、宇宙イベントを増やしたいという思ったことがTELSTARに入る一つのきっかけでした。
関西地区でのイベントを通して宇宙へ興味を0→1、1→10にしていく事はもちろん、自分自身やTELSTARメンバーもより宇宙への興味を高めて、成長していけるような運営を心がけてまいります。
 今年度も皆様への感謝の気持ちを忘れず、精進いたしますのでよろしくお願い申し上げます。



新体制に変わったTELSTARを今年もよろしくお願いします!
  • LINEで送る

最新号はこちら!!