facebooktwitterinstagram

bannar
メディア > 宇宙フリーマガジンTELSTAR > お知らせ > ★打上げ成功★若田光一宇宙飛行士、5回目となる宇宙へ

★打上げ成功★若田光一宇宙飛行士、5回目となる宇宙へ

  • LINEで送る

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の若田光一宇宙飛行士らが搭乗する、スペースX社クルードラゴン運用5号機(Crew-5)は、2022年10月6日(木) 1時00分(日本時間)に、米国フロリダ州 ケネディ宇宙センター(KSC)39A射点から打ち上げられました。


若田さんは、今回で5回目となる国際宇宙ステーション(ISS)への滞在。ニコール・マン宇宙飛行士(NASA)、ジョシュ・カサダ宇宙飛行士(NASA)、アンナ・キキナ宇宙飛行士(ROSCOSMOS)とともに搭乗し、約6ヶ月にわたって、有人月面探査に向けた科学実験等を行います。


今回のミッションへの意気込み、そして中高生へのメッセージをいただきました。ぜひ最後までお読みください!


プロフィール

若田光一(わかた こういち)


©TELSTAR マイクを持ち笑顔で記者からの質問に答える若田さん(撮影=西野真悠)


1963年、埼玉県出身。

1996年、STS-72に日本人初のスペースシャトル・ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)として搭乗。

2000年、STS-92にMSとして搭乗。日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)建設に参加。

2009年、ISS第18次、第19次、第20次長期滞在クルーとして日本人初のISS長期滞在を実施。

2013年11月から2014年5月にかけて、ISS第38次、第39次長期滞在クルーとしてISSに188日間滞在。第39次長期滞在では日本人初のISS船長として、クルーの指揮をとった。

今回の打上げで日本人最高齢、最多の宇宙飛行となる。

さいたま市青少年宇宙科学館、福岡市科学館の名誉館長。



世界で認められている日本の有人宇宙技術

ISSの「きぼう日本実験棟」は13年間実績を上げてきました。ユーザーが拡大しており、世界各国の研究機関、大学、企業が、およそ300機の超小型衛星を放出しています。さらに宇宙ステーションへ物資を運ぶ「こうのとり」は9機連続で補給ミッションを完遂しました。


©NASA ISS


「日本人が宇宙での長期滞在に参加できることは、日本が長年培ってきた有人宇宙技術が、世界から信頼されていることの証だ」と若田さんは語ります。



若い世代に夢を繋いでいく

現在、JAXAは将来の月探査を踏まえた宇宙飛行士選抜を行っています。先日、第一次選抜結果が発表されましたね。地球低軌道はもちろん、月探査ミッションへも日本が参画していくために、若田さんは、「今回のISS滞在では、月探査に向けた技術実証にきちんと取り組んで、若い世代が月、火星探査に夢を繋いで行けるようなミッションにしたい」と意気込みを語りました。


私たち宇宙広報団体TELSTARは、JAXA宇宙飛行士選抜、Hello! EXPLORERS PROJECTの公式応援サポーターです。アルテミス世代の宇宙飛行士を育成するべく、宇宙を目指す高校生記者を募集し、取材記事を執筆してもらいました。以下から是非お読みください!


高校生記者が「宇宙飛行士訓練インストラクター」に取材してみた#1

http://spacemgz-telstar.com/article/feature/a331

高校生記者が「宇宙飛行士訓練インストラクター」に取材してみた#2

http://spacemgz-telstar.com/article/feature/a332


Hello! EXPLORERS PROJECTはこちら。

https://astro-mission.jaxa.jp/astro_selection/



思いやる。チームは強くなる。

「思いやる。チームが強くなる。」これは、今回のミッションのスローガンです。これからの宇宙開発において、より一層、国や人との繋がり、協力していくことが求められると思います。若田さんに、アルテミス世代を担う中高生、若い世代の皆さんに「人との繋がり」で大事にするべきこと、今のうちに経験を積んでおくべきことを教えていただきました。


「例えば部活などで、失敗してしまっても、それを乗り越えようと努力する時間は、人生の中で貴重な経験となる。チームの中で、一つのものに向かってみんなで取り組むことを経験することは、将来、様々なところで役立つはず。失敗してもいい。いくつも挑戦してもらいたい」


力強いお言葉をいただきました。



©︎TELSTAR 「和」と書かれたパネルを持ち微笑む若田さん(撮影=西野真悠)



最後に…

筆者は若田さんと地元が同じで、幼い頃から若田さんに憧れて育ちました。そこで筆者おすすめの科学館を紹介させてください!


それは、埼玉県にあるさいたま市青少年宇宙科学館です。この科学館では、若田宇宙飛行士アカデミースペースコースや若田宇宙飛行士アカデミーと題したロボット大会等、小学生、中学生に宇宙へ興味を持ってもらえるようなイベントを多数開催しています。さらに日曜、祝日には科学館にある、若田光一宇宙飛行士コーナーの解説ツアーも実施。将来、宇宙飛行士になりたい!若田さんについてもっと知りたい!という方にはぴったりの場所だと思いますよ!!


若田さんは私にとって、宇宙への憧れと、夢に向かって挑戦しようと奮い立たせてくれる存在です。もう宇宙は手の届かないずっと遠いものではない。どんな夢も憧れるところで止まるのではなくて、夢に向かって行動することが、実現に繋がる。あきらめなければなんだってできる。そんな思いがふつふつと湧き上がってきます。


今後のさらなるご活躍をお祈りします。


最後までお読みいただきありがとうございました。


西野真悠

  • LINEで送る

最新号はこちら!!

mgz26
詳しくは画像をクリック!