facebooktwitterinstagram

bannar
メディア > 宇宙フリーマガジンTELSTAR > TELSTAR+ > さぁ、宇宙旅行に出かけよう!

さぁ、宇宙旅行に出かけよう!

  • LINEで送る

青い地球、漆黒の宇宙、輝く満天の星空...

誰もが一度は実際に自分の目で見ることを憧れるのではないでしょうか。

しかし、宇宙旅行なんて、夢物語だ!実際に宇宙に行けるわけない。と思っていませんか?
なんと、行けるんです!

実は、宇宙旅行を企画している企業が世界中にたくさんあります。
今回は皆さんに現在企画されている宇宙旅行を紹介し、宇宙旅行の世界にいざないたいと思います。

☆お手軽宇宙旅行!

まず、お手軽に宇宙を感じたい人は高度100kmの宇宙空間に約4分間滞在する無重力体験はいかがですか?3日間の準備訓練を経て、アメリカのニューメキシコ州にある宇宙旅行専用港から出発し、宇宙に飛び立ちます。費用は約3000万円(25万ドル)ですが、18歳以上の健康な人なら誰でも行けます。現在は約700人の申し込みが完了していて、うち日本人は19人です。無重力という現実とかけ離れた環境を体感してみたいです。

無重力体験フライトスケジュール
Image credit : クラブツーリズム・スペースツアーズ

☆本格的な宇宙旅行!

もっと宇宙を満喫したい方は、国際宇宙ステーション(ISS)での滞在体験なんてはどうでしょうか?宇宙体験だけではなく実際の宇宙飛行士と同じ訓練を受けることも魅力的で、1週間ISSで生活することができます。すでに民間人が7人もISSに訪れており、夢物語ではありません。ISSから見える地球の豊かな自然は想像を超える美しさなのでしょう。

☆月旅行も!?

まんまるの地球が見たい方は月旅行に行きましょう。まんまるの地球が見える場所といえば、月ではないでしょうか。アポロ計画で12人の宇宙飛行士が月面に降り立って以来、40年間人類は月に行っていません。NASAは2020年までにもう一度月に人類を送ることを目指しており、再び人類の月への挑戦が始まりそうです。そんな中先日、SpaceX社によりZOZOTOWN を運営するスタートトゥーデイの前澤社長が史上初めて民間人で月周回旅行の乗客になることが発表されました。新型ロケットのBig Falcon Rocket(BFR)のすべての席を買い取り、6~8人のアーティストを招待するそうです。これはdearmoonプロジェクトと呼ばれ、地球を代表するアーティストによってまだ見ぬ世界を表現することが目的です。期待が高まりますね。

ハイビジョンカメラによる満地球の出の撮影
Image credit : JAXA/NHK

民間人がお手ごろな価格で、簡単に宇宙に行ける時代が来るのはもう少し後のことになるかもしれませんが、必ずその時代は来るでしょう。昔、空飛ぶ乗り物で簡単に外国に行けるなんて誰が思ったでしょうか。今までこのように想像もできないことをやり遂げてきた人類がどう発展するか楽しみです。

 



こちらの記事は2018年より新しくTELSTARに入ったメンバーたちによる記事です。
TELSTARでは一緒に活動してくれる大学生の方を随時募集しております。
興味のある方はこちらからご連絡ください。


  • LINEで送る